スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

MLB新人打者の台頭とFA市場。
大谷が活躍なら30代受難に拍車?

posted2017/11/25 07:00

 
MLB新人打者の台頭とFA市場。大谷が活躍なら30代受難に拍車?<Number Web> photograph by Getty Images

今シーズン29本塁打を記録したJ・D・マルティネス。彼ら好打者はどこに新天地を求めるだろうか。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ダルビッシュ有はどこへ行くのか?

 ジェイク・アリエータはどこへ行くのか?

 ウェイド・デイヴィスはどこへ行くのか?

 この季節が訪れると、FA(フリーエージェント)有資格者の行方が、なにかと話題になる。

 投手では、いま挙げた人たちが主なところだが、打者を見ると、30代前半の好打者が今年のFA市場ではかなり眼につく。

 筆頭格はJ・D・マルティネス(来季開幕時30歳)だが、彼以外にもエリック・ホズマー(28歳)、マイク・ムスタカス(29歳)、ロレンゾ・ケイン(32歳)、カルロス・サンタナ(32歳)、ジェイ・ブルース(31歳)といった好打者が顔を並べる。

 ただ、今年のFA市場は、長距離打者にとってはそれほど安楽なマーケットにはならないような気がする。

20本塁打以上の新人はジャッジら10人もいた。

 2017年、大リーグの本塁打総数は6105本に達した。もちろん史上最多で、これまでの5693本(2000年)という記録を大幅に上回っている。

 内訳を見て驚かされるのは、新人の本塁打数が飛躍的に伸びていることだ。

 2017年、20本塁打以上を打ったルーキーは、両リーグで10人もいた。

 一番多いのはアーロン・ジャッジ(ヤンキース)の52本だが、コーディ・ベリンジャー(ドジャース=39本)、ジョシュ・ベル(パイレーツ=26本)、マット・デイヴィッドソン(ホワイトソックス=26本)、ハンター・レンフロ(パドレス=26本)といった新顔もつぎつぎとアーチをかけた。残る5人は、ポール・デジョング(カーディナルス)、マット・オルソン(アスレティックス)、トレイ・マンシーニ(オリオールズ)、イアン・ハップ(カブス)、アンドルー・ベニンテンディ(レッドソックス)といったところだ。

【次ページ】 30代前半のパワーヒッターがワリを食うことに。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
J・D・マルティネス
エリック・ホズマー
マイク・ムスタカス
ロレンゾ・ケイン
カルロス・サンタナ
ジェイ・ブルース
大谷翔平

ページトップ