ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!BACK NUMBER

ブンデスリーガはなぜ弱くなった?
代表とは真逆、欧州で存在感低下中。

posted2017/10/19 07:00

 
ブンデスリーガはなぜ弱くなった?代表とは真逆、欧州で存在感低下中。<Number Web> photograph by AFLO

ネイマールら擁するPSGに完敗したバイエルン。アンチェロッティ監督との確執が噂されたロッベンら選手たちは、新体制で逆襲なるか。

text by

遠藤孝輔

遠藤孝輔Kosuke Endo

PROFILE

photograph by

AFLO

 10戦10勝、43得点・4失点――。ロシアワールドカップ欧州予選で圧倒的な強さを誇示したドイツ代表が、17大会連続19度目となる本大会出場を決めた。

 戦術からトレーニングプラン、キャンプ地の選定まで、ディテールをとことんまで突き詰めるヨアヒム・レーブ監督は「まだまだ改善すべき点は多い」と勝って兜の緒を締めるが、3年前に王国ブラジルで黄金のトロフィーを掲げた現・世界王者に隙らしい隙は見当たらない。

 ティモ・ベルナー(RBライプツィヒ)という待望久しかったストライカーの逸材が頭角を現せば、ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)がフィリップ・ラームの穴を埋めるなど、複数のポジションで若手が信頼たりえるパフォーマンスを披露した。

 そして年齢的に脂の乗り切ったマヌエル・ノイアーやメスト・エジル、マッツ・フンメルスらチームを引っ張るリーダーに加え、コンフェデレーションズカップ制覇に貢献したラース・シュティンドルやレオン・ゴレツカといった新戦力の存在も頼もしく、チームの充実度は前回大会当時より確実に上がっている。来夏の祭典では優勝候補の本命に挙げられるだろう。

ブンデスがベラルーシ、カザフスタンより低水準!?

 まさに順風満帆のドイツ代表とは対照的に、クラブシーンでは大きな“異変”が起きている。近年の欧州サッカー界をリードしてきたドイツ勢が、ヨーロッパカップ戦で極度の不振にあえいでいるのだ。

 2016-2017シーズン終了時点のUEFAカントリーランキングで、リーガ・エスパニョーラに次ぐ2位につけていたブンデスリーガ。しかし、今シーズンは貫禄を示すどころか、その格付けがデタラメかのような失態を演じている。ここまでに稼いだポイントは2.428。これはベラルーシやカザフスタン勢より低い水準で、欧州全体では27位に相当する。最悪だったのは2節の結果だ。すでに欧州戦線から姿を消したフライブルク以外の6チームすべてが黒星を喫した。1981年以来の大惨事である。

【次ページ】 今季欧州カップ戦のドイツ勢戦績を見ると……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ブンデスリーガ
バイエルン
ドルトムント
ライプツィヒ
ホッフェンハイム
ヘルタ
ケルン
欧州チャンピオンズリーグ
ヨーロッパリーグ

ページトップ