フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の五輪シーズン開幕。
SPでの世界新記録と悔し涙。

posted2017/09/26 11:30

 
羽生結弦の五輪シーズン開幕。SPでの世界新記録と悔し涙。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

オータム・クラシックの表彰式前のリラックスした羽生の姿。照れ隠しの表情の奥に、本気の悔しさも滲む。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto/AFLO

 9月22日、カナダのモントリオールで開催されたオータム・クラシックで、羽生結弦がいよいよ五輪シーズンのスタートをきった。右膝に、本人は「違和感」と形容する痛みを抱え、4回転ループを見合わせるなどジャンプ構成をいくらか変えて挑戦することは、予め公表されていた。

SPで世界歴代最高スコアを更新。

 羽生にとって初日となったSPでは、2シーズンぶりのショパン『バラード第1番』に合わせて4サルコウからスタート。コンビネーションスピンの後に後半に差し掛かったところで着氷した3アクセルは、入り方、高さ、着氷とも文句のつけようがなく、ジャッジ7人全員がプラス3の加点をつけた。

 そして4+3トウループでは、2つ目のジャンプを両手を頭上に伸ばしたままきれいに着氷。ステップシークエンス、最後のスピンまでスピードが落ちることなく、完璧な演技だった。

 112.72というスコアが出ると、日本からも大勢応援にかけつけたファンで埋まった観客席がどよめいた。

 2シーズン前に、GPファイナルで本人が出した世界歴代最高スコア110.95を上回る、世界新である。

「いい演技ができれば出るなと思っていました」

「本当にミスなく、自分の中でも、質としても納得のできる演技でショートを終えられた。(ジャンプ難易度の)構成を落としているから当然と言われるかもしれないけれど、構成を落とそうが、本番で全てを出し切るというのは非常に難しいことなので、そういう意味では一つ成長できたかなと思います」と演技後、満足そうに語った。歴代最高スコアを更新した感想を聞かれると、

「(自分の演技の前に)ハビエル(フェルナンデス)が101取ってる段階で、自分のベストは110だよというのをすごく頭の中で思っていました。あとは冷静に考えてみて、あのとき(ベストスコアを出したシーズン)は前半に4回転ふたつなので、(現在は)それとはまったく違う、自分の中ではまったくレベルの違うものをやっていると思いますし、実際にターンから入ったりとか、(コンビネーションジャンプの2つ目で)手を上にあげたりとか、成長できていると思います。いい演技ができれば(高いスコアが)出るなと思っていました」

 この五輪シーズンにSP、フリーとも2年前のプログラムを滑ることを発表したとき、振付に時間とエネルギーを取られない分、ジャンプの難易度など内容を充実させていくことに集中したいと語っていた。その戦略が、みごとに形になった演技だった。

【次ページ】 フリーで起こった、意外なミス。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス

ページトップ