野球善哉BACK NUMBER

送りバント、スクイズ、好走塁……。
広陵は驚くほど“The高校野球”だ。

posted2017/08/17 17:00

 
送りバント、スクイズ、好走塁……。広陵は驚くほど“The高校野球”だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

平元のスクイズが結果的に決勝点となった。豪快なチームが増える中で広陵の“高校野球”らしさは逆に新鮮に映った。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 これだから高校野球は面白いのだろう。

 17日の3回戦第1試合、広陵が下馬評を覆して優勝候補の秀岳館を6-1で破った。

 広部就平、木本凌雅、田浦文丸、川端健斗ら昨年の春夏ベスト4のメンバーが残る秀岳館に対して、送りバント、バスター、スクイズ……あらゆる手を出し尽くしての渋い勝利だった。

「相手は豪快な野球でねじ伏せに来るので、ハマれば完封も夢じゃないですけど、ハマらなかったら7、8点をとられるかなと思っていました」

 広陵の中井哲之監督はこう振り返った。

 攻撃力があり、さらには好投手を2人擁する秀岳館を倒すためのポイントについても、試合前にこう触れていた。

「余計な点を与えないようにして、終盤までもつれたら勝機はあるのかなと思います。こちらが相手のミスを突くような野球ができればと思っています。相手は好投手ですが、どんな投手であっても1試合に必ず3回はチャンス、同じく3回はピンチがある。その時に、どうピンチをしのぎ、どのように攻撃できるかが大きなポイントだと思う」

バスター、スクイズ、内野ゴロで2得点をもぎ取った。

 中井が見立てた通り、大きなチャンスとピンチはそれぞれ3回あった。

 1度目のチャンスは4回に訪れ、相手守備陣のミスにより先制点を挙げた。ホームランで同点に追いつかれ、その後のピンチをしのぎ切った広陵は、7回表に大きな潮目を迎える。

 先頭の大橋昇輝が安打で出塁すると、続く吉岡広貴がバスターを仕掛ける。バントと決めつけた秀岳館の三遊間はボールを見送るしかなかった。犠打で1死二、三塁とすると、9番・平元銀次郎がスクイズを決めて勝ち越し。続く1番・高田誠也の打球はセカンドゴロだったが、秀岳館の守備にほころびが出てこのイニング2点目。広陵の持ち味を出しての貴重な得点だった。

【次ページ】 バント、走塁を丁寧にやってきたからできること。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
広陵高校
秀岳館高校
中井哲之
鍛治舎巧

ページトップ