マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

清宮幸太郎の通算100号達成に思う。
もっと大事な数字があるだろう……。

posted2017/06/18 09:00

 
清宮幸太郎の通算100号達成に思う。もっと大事な数字があるだろう……。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園と、高校のグラウンド。同じ1本のホームランでも飛距離、そして人々に与えるインパクトは大きく違う。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 6月4日、「愛知招待試合」の小牧市民球場で、早稲田実業・清宮幸太郎が享栄高戦の9回裏に「高校通算100本塁打」を右中間場外へ放り出してみせた。

 今年の高校ナンバーワンスラッガーとして、また稀代の長距離ヒッターとして、1つの大きな区切りをつけたことに、私は大きな祝福を送りたいと思う。

 清宮幸太郎のバッティングはすばらしい。

 パワー、スイングスピード……それ以上に、ボールの“南半球”をなかば擦るようにして打球に猛烈な逆スピンを与えられる技術と、投手に緩急で体勢を崩されても、インパクトではなんとか帳尻を合わせてしまう天才的なタイミングの良さ。この2点をおいて、清宮幸太郎のバッティングを語るわけにはいかない。

 ただ今回は、清宮幸太郎のバッティングについて語るわけではない。

「通算本塁打」が初めて使われたのは、いつ?

 通算本塁打。

 私の記憶では、確か今から30年ほど前。スポーツ紙「日刊スポーツ」の武石記者執筆の高校野球記事の中で、初めて使われた表現ではなかったかと思う。

 当時は、通算20本塁打を超えると話題になっていた。のちに社会人野球・東芝からドラフト3位でロッテに進む丹波健二内野手が東京・日体荏原高校時代「通算●本塁打を誇る……」といった調子で伝えられていたのを覚えている。

「通算本塁打」とは、それをカウントしている機関とか組織はない。つまり基本、自己申告である。

 本人が数えているか、監督、部長、チームによってはマネージャーがカウントしていることもあると聞くが、いずれにしても「30本です」と言われたら、「ああ、30本なんだ……」と了解するしかない未公認の数字、記録である。

【次ページ】 「通算50本」のスラッガーが生まれた理由は……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
早稲田実業高校
清宮幸太郎

ページトップ