ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

村田諒太の相手は「速いが脆い」。
追って、殴って、倒して世界王者に。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/05/17 17:00

たとえばフライ級では10人以上の日本人王者が過去にいるが、ミドル級では竹原慎二1人しかいない。世界的な層の厚さは想像を絶する。

たとえばフライ級では10人以上の日本人王者が過去にいるが、ミドル級では竹原慎二1人しかいない。世界的な層の厚さは想像を絶する。

1試合で6度ダウンしたこともあるエンサムの脆さ。

 序盤にどれだけ苦労しても、ひとたび村田がエンダムを射程距離にとらえれば、勝利の可能性はググッと高まる。エンダムは接近戦に強い選手ではなく、打たれると脆いという弱点を持つ。

 エンダムの2敗はいずれも世界タイトルマッチで、ピーター・クイリンには6度、デビッド・レミューには4度のダウンを喫した。接近したところでパンチをもらい、パタッと倒れるシーンは、あまりにあっさりしていて驚くほどだ。村田の右ストレートや左ボディブロー、または左フックがヒットすれば、かなり高い確率でエンダムはキャンバスに転がるだろう。

ミドル級は本当に遠い世界なのか。

 そしてもうひとつ頭に入れておきたいのは、エンダムが驚異的な回復力の持ち主だということだ。

 クイリンともレミューとも、ダウンから立ち上がったあとによく手を出し、終わってみればダウンしたラウンド以降も互角以上のファイトを演じていた。村田は接近してダウンを奪い、なおかつそこで攻撃の手を緩めてはいけないのだ。そうして初めて終盤のTKO勝ち、フルラウンド戦っての大差判定勝ちが見えてくるだろう。

 村田が勝利を手にする条件は、無骨とも言える己のボクシングを信じ、それを最後まで貫くことになる。4年に1度のオリンピックで勝利し、勝負たるものを熟知する男は、もちろんそのことを自覚している。

「できないことをやろうとしても仕方がない。自分がやるべきことをやるだけ。それが通用しなかったら相手が上ということ」

 エンダムが村田を翻弄し、やはりミドル級は我々にとって遠い世界だと痛感させられるのか、はたまた村田が見事にエンダムを捕獲し、22年ぶりの日本人ミドル級世界王者の誕生はなるのか。運命のゴングは間もなく鳴る。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ

ページトップ