話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

俊輔が頭脳なら、川辺駿は心臓だ。
「自分が中心なのが一番いい」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/05/18 11:00

俊輔が頭脳なら、川辺駿は心臓だ。「自分が中心なのが一番いい」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

磐田での期限付き移籍3年目は評価の証である。川辺駿に対する名波浩監督の評価は極めて高いのだ。

“点が取れる怖いボランチ”という最終形。

「磐田で試合に出るようになって運動量が増えたし、攻撃の回数が増えても雑にならずにきちんと意図をもって攻撃できるようになった。もちろん課題もたくさんあります。守備では取りに行った時、しっかり取り切れるようになりたいし、ミドルの意識とかも必要です。川崎戦は相手がつなぐのでボールを失いたくなくて打たなかったんですが、もっとシュートを打てばよかったし、攻撃のリズムが単調になった時、自分から変えられるようにしたい。チームにとって、自分が中心となってプレーすることが一番いいことだと思うんで、そうなれるようにもっとやらないと」

 チームの中心となるべきボランチ像は見えている。

“点が取れる怖いボランチ”だ。

 11試合消化し、得点は2点。清水戦と鹿島戦のゴールは、いずれも勝ち点3に結びついている。ただ、9節以降、川崎戦まで3試合はシュート数はゼロ。川崎戦の後半のような劣勢の中、自らが決めることができれば選手としての価値を高め、より成長が望めることになる。もちろんリオ五輪に出場し、A代表に入って活躍している同世代の選手にも負けるわけにはいかない。

「同世代は意識しますし、そういう選手と試合をやるにしても負けていないという自信がある。ただ、結果がついてこないとそういう自信も意味がないと思うので、チームを勝たせられるように結果にこだわったプレーをしていきたいです」

 中村の後を継ぐ磐田の主軸としての意識が、川辺の成長意欲を刺激している。天才の頭脳を受け継いだ心臓が完成し、機能すれば磐田にとってこれほど心強いことはない。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ
関連キーワード
中村俊輔
川辺駿
ジュビロ磐田

ページトップ