スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

五輪マラソンの新選考方法は上々だ。
「大人の事情込み」でほぼ最高の形。

posted2017/04/24 08:00

 
五輪マラソンの新選考方法は上々だ。「大人の事情込み」でほぼ最高の形。<Number Web> photograph by JMPA

リオ五輪の男子マラソンでは、日本人最上位は佐々木悟の16位。トップから5分、入賞からも2分以上離れていた。この差は詰まるのか。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

JMPA

 東京オリンピックに向けて、マラソンの選考レースの仕組みが変わる。まず、大枠を整理してみよう。

 これまでは選考レースが、オリンピック前年の世界選手権をはじめとして4レースあった。3枠しかないのに、4つ。これがスッキリしない選考につながっていた面もある。

 2020年のオリンピックに向けては、こんな仕組みになる。

・代表3枠のうち、少なくとも2枠は2019年9月以降に実施する「マラソングランドチャンピオン(MGC)レース」の結果から自動的に選ばれる。

・MGCに参加できるのは、予選にあたるMGCシリーズで条件(順位とタイム)をクリアした選手だけ。

・最後の1枠は、MGCレース後に行われる「ファイナルチャレンジ」(仮称)で最速タイムをマークした選手が自動的に選ばれる(男子では福岡国際や東京、びわ湖毎日マラソンなど既存の大会)

・ただし、ファイナルチャレンジでは、日本陸連が今後に定める派遣設定記録を突破していなければ、代表入りできない。その場合はMGCレースの3番手の選手が選ばれることになる。

大スターだった瀬古を救済するために急遽……。

 今回の発表をどう受け止めるべきか。

 私は大いに評価する。

 これまで、競泳や他の陸上の種目と比べると、マラソンの選考は明確な基準が示しにくく、関係者、マスコミを含めて主観が入り込む余地が多かった。ただし、それが話題の呼び水になっていた面もある。

 たとえば、1980年代から1990年代にかけては、マラソンの選考はテレビのワイドショーの恰好のネタだった。

 1988年のソウル・オリンピックに向けては、事実上の一発選考レースがその前年の福岡国際マラソンに設定され、あろうことか日本の大スター、瀬古利彦が欠場する事態になった。そのとき、ライバルだった中山竹通が「這ってでも出てこい」と言ったとか言わなかったとか……(どうやら、この言葉は正確ではないらしい)。日本陸連は急遽、救済措置を設定、びわ湖毎日で優勝した瀬古が3番目の枠で選ばれることになった。

【次ページ】 選考トラブルは、マラソンへの興味を支えていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
瀬古利彦

ページトップ