Number ExBACK NUMBER

鈴木大地長官と池田純が語り尽くした、
大学スポーツとアリーナの輝く未来。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNumber Sports Business College

posted2017/04/20 14:00

鈴木大地長官と池田純が語り尽くした、大学スポーツとアリーナの輝く未来。<Number Web> photograph by Number Sports Business College

池田「最初にそういうアリーナを作る大学はどこだ?」

池田「例えば2000人が入る施設だったら2000人のために、おもしろくてかっこいいものが作れるか。大学スポーツがどこまで行けるかは分からないですけど、日本全国におもしろくて、かっこいい、それぞれのブランド、オリジナリティを持ったアリーナができていけば、“箱もの”じゃない、ハードができるんじゃないかと思うんです。

 だから大学も、そういうニュアンスを持ったようなものを、どこが最初に作るのかなって。

 それができれば、みんな注目するはず。そういう文化が生まれて欲しいなって思います」

 この後も、鈴木長官と池田氏からだけでなく、受講者からも具体的なアイディアやビジョンが次々と飛び交った。

 授業や講義ではなく「ディスカッション」。

 終了後には鈴木長官と池田氏、受講者が名刺交換する“アディショナルタイム”も用意された。

 次回は4月27日、ゲストは世界陸上400mハードル銅メダリストの為末大氏が登場する。

▶「Number Sports Business Collegeの詳細はこちらから

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
池田純
鈴木大地
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ