RALLYスペシャルBACK NUMBER

ラトバラの加入で大幅に戦力アップ。
18年ぶりにWRC復帰のトヨタに注目!

posted2016/12/26 11:10

 
ラトバラの加入で大幅に戦力アップ。18年ぶりにWRC復帰のトヨタに注目!<Number Web> photograph by Keisuke Koga

右からチーム代表のマキネン、ラッピ、ハンニネン、ラトバラの3名のドライバー。ラトバラは私服からレーシングスーツに着替えて記念撮影に臨んだ。

text by

古賀敬介

古賀敬介Keisuke Koga

PROFILE

photograph by

Keisuke Koga

 2016年12月13日、これまでその一部が秘密のベールによって覆われていた、TOYOTA GAZOO RacingのWRC参戦体制の全貌が明らかになった。

 18年ぶりに公道レースの最高峰WRCに復帰する重要な発表を行う地としてチームが選んだのは、フィンランドの首都ヘルシンキ。クリスマスシーズンで賑わうヘルシンキに、世界各国からメディアが集まり、会場内は外の寒さを忘れさせるほどの熱気に包まれた。

 なぜ、わざわざフィンランドで参戦体制を発表したのか――。

 それはチームの開発拠点がフィンランドに置かれ、開発向上周辺には、ラリーの本場らしく、テスト壮行できる公道が豊富にあるからだ。チームを率いる元WRC王者トミ・マキネンをはじめとするスタッフもフィンランド人が多く、来季の参戦マシンであるヤリスWRCの開発ドライバー、ユホ・ハンニネンとそのコ・ドライバーもフィンランド人。加えて、発表会では4名のフィンランド人選手が新たなるメンバーとして紹介された。WRC通算16勝を誇るヤリ-マティ・ラトバラと、'16年のWRC2(WRCの下部カテゴリー)王者で若手ナンバー1の呼び声も高いエサペッカ・ラッピ。そして彼らのコ・ドライバー2名である。なるほど、ラリーの本場、フィンランドはトヨタWRCチームの船出にふさわしい場所だったといえる。

毎日のようにヤリスWRCをチェックしているラトバラ。

 ステージ上に現れたラトバラとコ・ドライバーは、私服姿だった。

 直前まで南フランスでマシンの開発テストを行っており、ギリギリのタイミングで発表会場に駆けつけ、服を着替える時間がないほどのタイトなスケジュールだったのだ。

 '16年はフォルクスワーゲンのドライバーとしてWRCを戦ったラトバラは、12月に入りトヨタWRCチームへの加入が決定。以降、連日のようにテストカーのステアリングを握り、ヤリスWRCの性能向上に全力で臨んでいた。

【次ページ】 マキネンならラトバラの強さを引き出せるはず!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
トミ・マキネン
ユホ・ハンニネン
ヤリ-マティ・ラトバラと
エサペッカ・ラッピ

ページトップ