モータースポーツ解体新書BACK NUMBER

スター選手の素顔に迫る絶好の機会。
魅力的イベントが目白押しのTGRF。

posted2016/11/17 16:55

 
スター選手の素顔に迫る絶好の機会。魅力的イベントが目白押しのTGRF。<Number Web> photograph by TOYOTA

昨年のTOYOTA GAZOO Racing FESTIVALには、約4万人のファンが集まった。

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph by

TOYOTA

 TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL(TGRF)は、日頃トヨタが展開しているモータースポーツ活動を応援するファンに感謝の気持ちを返すとともに、さらに思いを深めてもらうために催されるクルマとレースのお祭りである。

 今年は、富士スピードウェイで11月27日に開催。ふだんのレースイベントでは近づくことのできなかった選手やマシンを身近に感じ、楽しめるよう様々な催し物が多数用意されている。今回はGT500ドライバーとして現役を引退したばかりの脇阪寿一氏がイベントプロデューサーに就任し、これまでよりさらにファンにとって身近なイベントになるはずだ。その見どころを紹介しよう。

注目のふたり、国本雄資と関口雄飛。

 今年、TOYOTA GAZOO Racingには新たなスター選手が生まれた。

 SUPER FORMULAでシリーズチャンピオンに輝いた国本雄資選手と、ルーキーながらSUPER FORMULAで優勝、シリーズ最終戦までチャンピオン争いに加わる一方、SUPER GT GT500クラスでの優勝を記録した関口雄飛選手だ。2人とも、昨年までは「期待の若手」だったが、大活躍を繰り広げた今年は、晴れて名実ともに「日本のトップドライバー」となって、当日はファンの皆さんの前にお目見えする。

 速く、強くなったことを結果につなげた2人にとって、今年は緊張が続くシーズンになったが、TGRFにはすべての重荷を下ろした状態で現れる。トークショーやデモ走行を通し、緊張や気負いから解き放たれてのびのびと語り、走る姿を改めて楽しみ、祝福したい。その他、各カテゴリーで活躍したTGRFのドライバーたちも、シーズン中にはなかなかできないファンとの交流を楽しみに富士スピードウェイへやってくる。ふだんはコックピットの中で戦う選手たちと言葉を交わす場が、会場のあちこちに生まれることになる。

【次ページ】 貴重なクルマがパレードを繰り広げる開幕風景。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
国本雄資
関口雄飛
GAZOO Racing

ページトップ