オリンピックへの道BACK NUMBER

2020年へ若き女子柔道家が躍動。
グランドスラム東京で光った5人。

posted2016/12/11 08:00

 
2020年へ若き女子柔道家が躍動。グランドスラム東京で光った5人。<Number Web> photograph by AFLO

東京五輪に向けての有力候補に躍り出た阿部詩。一二三との兄弟での同時出場に向けて着々と実力をつけている。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 オリンピックシーズンは、五輪後の大会も重要なのである。なぜなら、出場できなかった選手、そして若い世代にとって、次の日本代表を目指すための足がかりの場となるからだ。

 12月2日から4日にかけて、東京で行なわれた柔道の国際大会「グランドスラム東京」もその1つであり、次を視野に入れる選手たちの活躍が見られた大会となったが、女子ではリベンジを期す選手、高校1年生で初めて出場した選手たちが存在感を示した。

 注目を集めた1人が52kg級の高校1年生、阿部詩(あべ・うた)だ。早くから脚光を浴び、当時中学3年で出場した今年3月のチューリンゲン国際カデ大会で優勝すると、9月の全日本ジュニア体重別選手権3位、初めてのシニアの大会だった11月の講道館杯でも3位となり、グランドスラムの代表に選ばれた。

 ちなみに兄の阿部一二三も、早くから次代を担う存在として期待を寄せられてきた1人だ。

高1ながら「外国人選手と戦えると分かった」(阿部)

 内股など立ち技を武器とする阿部は、今大会で持ち味を発揮する。3回戦で試合開始わずか30秒で合わせ技一本、準決勝では38秒に大外刈で一本勝ちを収めた。決勝こそ角田夏実に関節技で一本負けを喫したが、大会後、晴れやかに振り返った。

「満足はしていません。でも外国人選手と戦えると分かりましたし、自分のできることが精一杯できました」

 そんな阿部を破った角田は、24歳にしてシニアの国際大会初出場を優勝で飾った。「とんとん拍子という感じでした」と笑顔を見せて喜んだ。

 千葉県立八千代高校から東京学芸大学に進んだ角田は、もともとは大学で柔道をやめようと考えていた。

「実業団でやるなんて考えることはできませんでした」

【次ページ】 寝技重視で「毎日、コロコロしてました」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阿部詩
角田夏実
嶺井美穂
朝比奈沙羅
素根輝
阿部一二三
東京五輪
オリンピック

ページトップ