セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAで選手vs.監督の親子対決!
シメオネ、ハジの息子も父超えなるか。

posted2016/11/03 07:00

 
セリエAで選手vs.監督の親子対決!シメオネ、ハジの息子も父超えなるか。<Number Web> photograph by AFLO

監督・エウゼビオと選手・フェデリコ。ダービーで直接対決したディフランチェスコ親子は何を思っただろうか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 昔、イタリアに来たばかりの頃、時間潰しに安アパートでTVをザッピングしていたら、『巨人の星』(伊題『TOMMY, LA STELLA DEI GIANTS』)が放送されていて大層驚いた。

 そのまま画面に食いつくように見続けたが、どうも違和感がある。

「飛雄馬!」「父ちゃん!」というド根性親子のやり取りが「トンミ!」「パパー!」だった。

 悲願かなって巨人の投手になった息子・飛雄馬に中日コーチとして敵対する父・一徹。愛憎渦巻く骨肉の争いに「パパー!」ではどうもしっくり来なかったのだが、最近、セリエAで本物の親子対決が実現した。

 先月23日の“ロマーニャ州ダービー”で、相まみえたのは2人のディフランチェスコだ。サッスオーロ監督である父エウゼビオとボローニャの若手FWの息子フェデリコは、奇遇な運命を享受した。

「子供の頃、パパを抜くのは難しかった。今は……」

「親子でセリエAで対戦できるなんて滅多にあることじゃないし、誇らしく思うよ。ただし、試合の間は敵だ」

 息子フェデリコも一歩も引かなかった。

「俺がまだ小さかった頃、1対1でパパをドリブルで抜くのは難しかった。今やったら負けるわけがない(笑)」

 サッカー選手の息子といえど、始まりに特別なことは何もなかった。

 2、3歳まで車に夢中だったフェデリコに、ある日、父エウゼビオがスポンジでできたボールを持ってきた。当時、ローマでFWトッティらとプレーしていた父は言った。

「ちょっと蹴ってみるか?」

 それ以来、フェデリコはボールと離れたことはない。父の試合をTVで見るようになり、父は彼にとって永遠のヒーローになった。

【次ページ】 父からの助言は「サッカーを楽しめ、ってことだよ」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
セリエA
エウゼビオ・ディフランチェスコ
フェデリコ・ディフランチェスコ
ジョバンニ・シメオネ
イアニス・ハジ

ページトップ