錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

世界の“ポスト錦織世代”が大阪に!
錦織圭がジュニア選手に与える好影響。

posted2016/10/27 11:30

 
世界の“ポスト錦織世代”が大阪に!錦織圭がジュニア選手に与える好影響。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

デビスカップ2016大阪で、錦織に肩に手をおかれて写真に納まる綿貫。この大会では、日本を代表する選手たちと一緒に過ごす貴重な体験を得た。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 先週大阪で開催されたジュニアの国際大会「大阪市長杯世界スーパージュニアテニス」は、11年前に錦織圭も出場した大会だ。

 グランドスラム・ジュニアを含めて年間9大会しかない「グレードA」という格付けを持つ大会なので、過去の出場者の中にはその後プロとしてもトップで活躍する(した)選手の名前を多く見つけることができる。さらに、最近では「あの錦織も出場した……」という形容句がトーナメントに箔をつけ、錦織効果を年々色濃く映し出しているように思われる。

 以前から、ジュニア大会としては異例なほど観客数は多く、まるで大スターでも来たかのように、子供ばかりか大人も混ざってジュニア選手をサイン攻めにする不思議な光景も“名物”だったが、それも度合いを増している印象だ。

 今回、6年ぶりに日本人男子チャンピオンとなった綿貫陽介は、「僕の(サイン)が欲しいのか、とりあえず勝っているからなのか、誰でもいいのか、そのへんはよくわからないんですけど(笑)、テニスが好きな子供が増えたのは確か。やっぱり錦織さん効果がすごいのかなと思います」と話した。

“東京五輪世代”にメディアも熱視線を送る。

 それに加えて今年は、取材申請の件数、特に関西ローカルのテレビやラジオからの取材申請が過去に例を見ないほど多かったという。

 全米オープン・ジュニアでベスト4入りした綿貫はもちろん、錦織を輩出した「修造チャレンジ」に参加している選手や地元関西出身の選手などが、そうした映像メディアに登場した。

 テレビ事情にはそう詳しくないので、長年この大会の中継をしてきたテレビ大阪のベテランアナウンサーに話を聞くと、「やはり錦織選手が過去に出場していた大会であるということや、錦織選手を通じて知られるようになった他のトップ選手もたくさん出ていたということで、だんだん興味が高まってきたというのはあるでしょう。先月はデビスカップもこの同じ会場でやりましたから、関西ではテニスが最近特に盛り上がっているのかもしれません。それと、4年後の東京オリンピックに向けて各競技のジュニア世代にメディアが注目しているということもあります」とのことだった。

【次ページ】 11年前の錦織少年は「緊張してミスばっか」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
綿貫陽介
錦織圭
マリン・チリッチ
頂への挑戦

ページトップ