テニスPRESSBACK NUMBER

最高の錦織圭は「波のない湖面」。
ツォンガ戦敗因はギラギラの欠如?

posted2016/11/04 11:40

 
最高の錦織圭は「波のない湖面」。ツォンガ戦敗因はギラギラの欠如?<Number Web> photograph by AFLO

最新のランキングで、ツォンガは世界13位。決して弱い相手ではないが、錦織圭にとっては残念な敗退となった。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 先週のスイス室内で準優勝。順風に乗ってパリのBNPパリバ・マスターズに乗り込み、マスターズ1000初制覇の期待もあった錦織圭だが、3回戦でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に敗退という結果に終わった。

 過去の対戦では5勝2敗。今年の全豪でも6-4、6-2、6-4と快勝している。お得意さんという言葉はふさわしくないが、勝負付けは済んでいるはずだった。

 リターンのうまい錦織は、ツォンガの武器であるサーブを苦もなく――本来そんなはずはないのだが、見た目にはいかにも易々と――返してしまう。パワーがあり、速いボールを打つツォンガだが、動きの速さ、ボールを捉えるタイミングの早さを含めたプレースピードでは錦織がはるかに上だ。

 ツォンガには、バックハンドスライスを多用して遅いテンポのラリーに持ち込むか、力任せにガツガツ打っていくくらいしか、対錦織の策がないのだ。

1セットは6-0の楽勝、しかし……。

 この日は後者が主体だった。錦織から時間を奪おうとボールのスピードを高め、タイミングを早めようと試みたのだ。第1セットはそれが空回りして、トップ20同士の対戦ではめったに見られない6-0というスコアになった。

 第2セットに入ると、様相が変わる。ツォンガには、シーズン最終戦のツアー・ファイナルズ出場の可能性がわずかに残っていた。1年の集大成として選手が目標に掲げる晴れ舞台である。前日の会見では「まったく意識していない」と話したが、可能性がある以上、それを追い求めるのが選手である。モチベーションの高さは傍目にも明らかだった。

 その前のめりが裏目に出たのが第1セットだったとも言える。セットを落として逆に集中力が上がったのか、強打がコートの中に収まり始めた。

【次ページ】 集中している時の錦織は、波のない湖面のよう。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭
ジョーウィルフリード・ツォンガ

ページトップ