月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

盆と正月がいっぺんにやってきた?
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

posted2016/09/01 08:00

 
誰も予想できなかった吉田沙保里の銀メダル。しかしメダル獲得以上に、日本にとって彼女が今大会で果たした役割はとてつもなく大きかった。

誰も予想できなかった吉田沙保里の銀メダル。しかしメダル獲得以上に、日本にとって彼女が今大会で果たした役割はとてつもなく大きかった。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

JMPA

「盆と正月がいっぺんにやってきた」という言葉がある。

 8月のスポーツ新聞はまさにそうだった。

 リオ五輪、高校野球、負けずに盛り上がるプロ野球。グランド外では中日・谷繁元信監督休養発表における全スポーツ紙(と言ってよいくらい)の落合博満GMへの総ツッコミ。そして芸能面はSMAP解散。

 すべてを取りあげたらキリがない。私が注目したのはリオ五輪の小ネタである。メダルをとった際の美談もスポーツ新聞の売りだけど、それ以外の切り口も楽しみたい。

 まずリオ出発前はこれ。

「松本薫“野獣流”護身術『銃で撃たれたら弾を止めます』」(スポーツ報知・8月1日)

 治安が心配されたリオ。しかし、4年前に「野獣のような眼光」でも話題になった柔道女子57キロ級・松本薫は力強く宣言した。

「治安はシミュレーションしてきた。銃で撃たれたら弾を止めます」

「私は生きたい。銃で撃たれたら死ぬ」

 財布は4個も持参したという。スポーツ報知は「夢と現実が交錯した自衛策で安心を勝ち取るつもりだ。」と書いて松本薫を送り出した。

 そしていよいよ開会式。いきなりの金メダルはこの人。

「開会式で組織委会長スピーチ間違えた 『サクセス』を『セックス』」(日刊スポーツ・8月7日)

《開会式であいさつしたリオ五輪大会組織委のカルロス・ヌズマン会長が、「サクセス」を「セックス」と言い間違えたと、インターネット上などで話題になっている。(略)スピーチ中、ヌズマン会長は緊張からか終始手が震えていた。》

 ヌズマン会長、大丈夫です。東京五輪の組織委の会長はずっと失言中ですから。

県民性は五輪メダル獲得に関係あるのか?

 企画モノで異彩を放っていたのはこの記事。

「五輪ケンミンSHOW 『立ち上がれ!! 0メダル県』」(日刊スポーツ・8月15日)

 この企画は、五輪(夏季)の都道府県別「個人種目」メダル数 を調べたもの。

《出生地別に見ると最多は東京都と大阪府の28個。福井、長野、沖縄の3県は1個も獲得していない。》

 で、県民性がメダル獲得に与える影響はあるのか? として矢野新一氏(ナンバーワン戦略研究所)に話を聞いている。その、けっこうなざっくり分析に注目してしまった。

 まずメダル獲得数の急成長中である「埼玉」の理由は、「東京への憧れ 活躍繋がる」と分析。5位タイの「愛知」は、「ケチゆえに計算してる=メダルを取ったら良い生活ができると計算している」と。

【次ページ】 メダル獲得数0だった長野県の理由はというと……。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ