リオ五輪PRESSBACK NUMBER

山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。
4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。

posted2016/08/18 10:30

 
山縣、ケンブリッジ、桐生の三本柱。4×100mリレー「38秒03」を更新せよ。<Number Web> photograph by JMPA

ガトリンと並走した100m準決勝で敗退したケンブリッジ。リレーではアンカーが有力視されており、「(アンカーなら)責任重大ですね」とコメント。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 リオ五輪で日本選手団はメダルラッシュが続いているが、期待の高かった男子200mで3選手全員が予選落ちに終わるなど、陸上競技では力を出し切れない流れが続いている。

 そんな日本陸上界にとって、特に期待が寄せられている種目の1つが男子の4×100mリレーだ。

 軸となるのは、100m日本代表の桐生祥秀、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥。

 今シーズンのオリンピック前時点でのベストタイムは、桐生が10秒01、山縣が10秒06、ケンブリッジは10秒10。日本短距離の歴史の中でも、これだけのタイムを持つ選手が3人も揃ったことはない。

 その事実が、期待を集める根拠の1つである。

 このタイムを世界の中で見ると、ジャマイカ、アメリカの2強は抜けているとしても、それ以外の国とは伍して戦えるであろうという予測が立つ。

100mで準決勝にでた2人は好調をキープ。

 リオ五輪での100m競技は、すでに行われ、山縣とケンブリッジは準決勝に進出した。決勝進出はならなかったものの、山縣は準決勝で10秒05の自己新記録をマークして好調を示した。ロンドン五輪でもただ1人準決勝に進んだ実績があり、大舞台で力を出し切れる勝負強さも健在だ。

 武器であるスタートも好調で、同組では最速のタイムをマークした。

「スタートと中盤はある程度通用すると思いました。世界との距離は縮まったと思います」

 自分でもそう語り、確かな手ごたえを得て100mを終えている。

 ケンブリッジは予選で10秒13と、自己記録まで0秒03に迫る好タイムを出し、山縣とともに準決勝に進んだ。ただし、準決勝では10秒17とタイムを落とし敗退。

「硬くなっちゃいました」

 初の大舞台に、緊張から予選のような走りはできなかった。ただ予選の走りを見る限りでは、今シーズンの勢いそのままに調子は維持できている。また、100mを経験したことで五輪の緊張にも対処できるだろう。

【次ページ】 北京では銅メダル、ロンドンでは4位。今回は?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
桐生祥秀
山縣亮太
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ