リオ五輪PRESSBACK NUMBER

日本人初の9秒台、決勝進出かなわず。
100m走“最強の3人”に欠けたもの。

posted2016/08/18 17:30

 
日本人初の9秒台、決勝進出かなわず。100m走“最強の3人”に欠けたもの。<Number Web> photograph by JMPA

準決勝で最後は余裕の走りぶりだったボルト。絶対王者と同組で走った山縣も自己ベストを叩き出したが……。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

JMPA

「人は4年間で変われると思う。東京までに変わりたい」

 桐生祥秀(東洋大)は絞り出すようにこう話した。

 ケンブリッジ飛鳥(ドーム)、山縣亮太(セイコー)、桐生の3選手はそれぞれの思いを胸にスタートラインに立った。100mに日本から3選手が出場するのは2004年アテネ五輪以来3大会ぶりのことだった。日本歴代2位の10秒01を持つ桐生を筆頭に、五輪前のベストが10秒07の山縣、10秒10のケンブリッジと過去最高のメンバーをリオに送った。

ケンブリッジが犯した“ルーキーミステイク”。

 13日の予選、トップバッターとして4組目に出場したケンブリッジは昨年の北京世界陸上で100m3位のアンドレ・デグラス(カナダ)ら、自己ベスト9秒台の4選手と同じ組。自己ベストに近いタイムを出さないと通過は厳しいと思われた。

「緊張はしなかったですね。早く走りたくてたまりませんでした」。

 得意ではないスタートや課題だった加速部分もうまくはまり、10秒13で組2着で予選通過した。

「全体的に流れはいいと思います。一番調子がいいかなと思っています」と準決勝でのさらなる飛躍を口にした。

 準決勝では金メダル候補のジャスティン・ガトリン(米国)の隣のレーンになった。「ガトリンをやっつけてやるぞ、という気持ちで臨みます」と話したが、スタートでガトリンに飛び出されると、焦りもあったのか上体が立ち上がってしまった。そのため得意の後半の伸びに欠け、10秒17の7着に終わった。

「もっとやれるかなと思ったんですけど悔しいですね。やり直したいです」と話したが、世界トップ選手と肩を並べて初めて走る選手が陥るルーキーミステイクだった。

【次ページ】 桐生はボルトの視界に入ることすらままならず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
山縣亮太
アンドレ・デグラス
ジャスティン・ガトリン
ウサイン・ボルト

ページトップ