F1ピットストップBACK NUMBER

バクー開催の新F1GPの評価は?
トルコ、韓国、インドの轍を踏むな。

posted2016/06/19 11:00

 
バクー開催の新F1GPの評価は?トルコ、韓国、インドの轍を踏むな。<Number Web> photograph by Getty Images

美しい城壁と古い石造りの町並みが続くアゼルバイジャンの首都バクーの市街。F1界の名物コースとなるか!?

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 6月17日、F1の長い歴史に新しい1ページが刻まれた。カスピ海に面する西アジアのアゼルバイジャンの首都バクーで初めてF1が開幕したからである。

 初めて開催されるグランプリには、特有の高揚感がある。

「新しい場所に行くのは、いつも楽しみにしているけど、メキシコは格別だった。ドライバーズパレードでは、思わず鳥肌が立ったよ」

 これは、初開催ではなかったが昨年、23年ぶりに復活したメキシコGPに参加したレッドブルのダニエル・リカルドの言葉である。

 そのリカルドは、バクーで開催されるヨーロッパGPについても、次のようにコメントしている。

「これまでにない市街地コースを楽しみにしている」

 リカルドだけではない。多くのドライバーが、バクーでのレースに期待を寄せていた。その理由はバクー市街地サーキットが、これまでの公道コースにはない低速区間と高速区間を組み合わせたユニークなレイアウトになっているからだ。

市街地コースなのに、最高速は時速340kmに達する!

 今年のヨーロッパGPの公式大使としてすでにバクーを視察しているフェルナンド・アロンソは、バクー市街地サーキットの特徴を次のように説明する。

「市街地コース特有のタイトで曲がりくねったコーナーと、高速区間がうまくミックスされている。ランオフエリアが少ない市街地コースなのに、トップスピードは極めて高い。おそらく、最高速は時速340kmに達すると思う。エキサイティングでちょっとしたドラマが生まれるかもしれない」

 アロンソが予測した時速340kmという数字がいかに高いかは、市街地コースのモナコの最高速が時速290km台だったこと、前戦カナダGPの舞台である高速のジル・ビルヌーブ・サーキットですら、最高速は時速340kmに達していないことを考えれば、容易に想像できるだろう。

【次ページ】 ドライバーの差が出やすいコースに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フェルナンド・アロンソ
バーニー・エクレストン

ページトップ