プレミアリーグの時間BACK NUMBER

ルーニーは中盤でOK。ではFWは?
一見好調のイングランドの悩み所。

posted2016/06/19 11:30

 
ルーニーは中盤でOK。ではFWは?一見好調のイングランドの悩み所。<Number Web> photograph by AFLO

アディショナルタイムに決勝点を決めたスタリッジの咆哮。決勝トーナメント初戦の相手が他グループ3位の国となる、グループ1位に王手をかけた。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 6月16日のウェールズ戦で逆転勝利を収め(2-1)、2試合で勝ち点4ポイントのグループB首位に浮上したイングランド。ギャレス・ベイルの先制FKを浴びて迎えたハーフタイムを境に投入されたジェイミー・バーディーとダニエル・スタリッジが、それぞれ同点と逆転のゴールを決めた。

 EURO2016初戦でロシアと引分け(1-1)に終わっていたイングランドにすれば、実質的には勝たなければならない一戦だった。前半にグループステージ敗退の危険を漂わせたチームと、現契約が満了する今大会終了後の続投に赤信号が灯りかけたロイ・ホジソン代表監督は、揃って後半に希望を取り戻した。

 自力で試合の流れを変えた格好のホジソンは、その采配を母国民に讃えられることになった。賞讃の声は、一介のファンのみならず、代表キャプテンのウェイン・ルーニーや、元代表エースで現在はメディアの「代表ご意見番」とも言うべきガリー・リネカーからも発せられている。

ケインとバーディーの2トップはルーニーの犠牲に。

 後半頭からの2枚替えに加え、73分にはマーカス・ラッシュフォードも投入したイングランドは、MFとして先発したルーニーを含めればピッチ上にFWが4名。たしかに、「積極的」と評されるに相応しい交替策ではあった。

 しかしながら、冷めた言い方をすれば指揮官の「勇断」などではなく、自らの「誤断」によって陥った窮地でひねりだした采配が、結果的に当たっただけ。そう言っても差し支えはないだろう。その判断ミスとは前線の人選だ。ホジソンは、前線のベストメンバーを決めかねたままEURO開幕を迎えてしまった。

 開幕直前の親善試合3戦ではハリー・ケインとバーディーの2トップ採用に気持ちが傾いているかに思われたが、実際には4-3-3システムで開幕2戦に臨んでいる。最終テストマッチとなったポルトガル戦(1-0)で、中盤がダイアモンド型の4-4-2が不発に終わった影響もあるに違いない。

 2トップを組んだケインとバーディーは、アウトサイドでの守備を重視した指揮官の指示と、時にトップ下ではなく1トップのようだったルーニーのポジショニングの犠牲となり、コンビとして呼吸が合わなかったというよりも、息を合わせる機会自体に恵まれなかった。それでも、指揮官は「不可欠な存在」と断言しているルーニーの適所探しを優先したようだ。

【次ページ】 ルーニーは中盤でOK。ではFWは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ギャレス・ベイル
ダニエル・スタリッジ
ハリー・ケイン
ロイ・ホジソン
ウェイン・ルーニー
EURO2016

ページトップ