Number ExBACK NUMBER

<動画あり>「弟はEURO優勝を目指せる」
クリスティアーノ・ロナウドの兄を直撃!

posted2016/06/18 11:30

 
<動画あり>「弟はEURO優勝を目指せる」クリスティアーノ・ロナウドの兄を直撃!<Number Web> photograph by Keita Yasukawa

ロナウドの10歳上の兄・ウーゴはマデイラ島のロナウド博物館の責任者を務める。

text by

竹澤哲

竹澤哲Satoshi Takezawa

PROFILE

photograph by

Keita Yasukawa

 5月中旬、クリスティアーノ・ロナウドの兄・ウーゴに会うために、マデイラ島フンシャルにある「ロナウド博物館」を訪ねた。Number904号(「EURO 2016 FRANCE 日本代表が語る優勝国予想。」)での、ロナウドのルーツをたどる取材のためだ。当初は「インタビューは嫌だ」と言っていたウーゴだったが、直接会って再びお願いすると「少しだけなら」と引き受けてくれた。

 角刈りに近い短めの髪、日本で言えば“大将”といった感じだ。首の太さがロナウドにとてもよく似ている。

 博物館の近くにあるカフェで話を聞くことになった。ウーゴは席に着くと、私とは目を合わさず、両腕を組み、「さあ、何を聞くんだ?」と少し構えた。私はひるむ気持ちを堪え、そして目の前に座ってくれただけでも感謝しなければいけないと、できる限り笑顔で質問しようと思った。

ロナウドがいちばん大切にしている展示物は……。

――ロナウド博物館は2013年12月にできたそうですが、博物館をオープンさせようと思った経緯はどのようなものだったのでしょうか?

「博物館は俺のアイデアから生まれたんだ。3年半ぐらい前、家の中がトロフィーだらけになってきたから『マデイラに博物館を造って、そこにトロフィーを飾ったらどうだろうか』と言ったんだ。その時はあいつも笑っていただけだったが(笑)。

 それから1年ぐらいすると、さらにトロフィーは増え続けていた。そこで、『やはり博物館を造った方がいいみたいだ』と彼も同意したんだよ。今ではここも一杯になってきたから、港の近くに来月移ることになっている。ここの倍ぐらいの広さなんだ」

――博物館に展示されているものの中で、ロナウドにとって一番大切なものは何でしょうか?

「一番はバロンドールだ。その次がゴールデンシュー、ヨーロッパ最優秀選手賞のトロフィーということになるだろう」

――たくさんの観光客が訪れているようですが、1日にだいたい何人ぐらいが訪れますか?

「1日に何人かは分からないな。できてから2年半になるが、これまでに15万人ぐらいが訪れている。すごい数字だよ」

【次ページ】 幼いころからいつも1人で練習していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
クリスティアーノ・ロナウド
レアル・マドリー

ページトップ