スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

イチローと過去の40代選手。
3000本安打達成の可能性は!?

posted2016/03/26 11:00

 
昨季は日米通算2000得点を達成。王貞治氏が持つ日本記録5290出塁も越えた。今年は更なる大記録に手を伸ばす。

昨季は日米通算2000得点を達成。王貞治氏が持つ日本記録5290出塁も越えた。今年は更なる大記録に手を伸ばす。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 大リーグの春季トレーニングも終盤に差しかかってきたが、つい最近、日本の新聞に心和む写真が一葉、掲載されていた。

 今年30球団中最年長の野手となったイチローが、オマー・ビスケルと談笑しているショットだ。

 1967年生まれのビスケルは、現在、デトロイト・タイガースの一塁コーチを務めている。というよりも、彼は非常に息の長い遊撃手だった。大リーグでの現役活動期間は24年。'89年にマリナーズで大リーグに昇格し、インディアンス在籍中にはオールスターに3度出場した。ゴールドグラヴも3球団で合計11回受賞。2006年にジャイアンツで受賞したときは39歳だったが、これは遊撃手の受賞としては史上最年長に当たる。

 ビスケルは、2012年シーズンの最年長野手(当時45歳)だった。この年は最年長投手のジェイミー・モイヤー(当時49歳)がもっぱら注目を集めていたが、45歳を超える現役野手が出たのは、フリオ・フランコ('07年に49歳で引退)以来のことだ。

数少ない野手の「ロングラン・クラブ」。

 大リーグの高齢選手を列記すると、どうしても投手が眼につく。59歳まで投げた怪物サッチェル・ペイジは例外としても、古くはジャック・クイン(1933年に50歳で引退)やホイト・ウィルヘルム('72年に49歳で引退)がいた。わりと最近でも、フィル・ニークロ('87年に48歳で引退)、ノーラン・ライアン('93年に46歳で引退)、ランディ・ジョンソン('09年に46歳で引退)など、球史に名を残した大投手の顔がつぎつぎと思い出される。

 それにひきかえ、野手は少ない。

 チャーリー・オリアリーやミニー・ミノソの場合は、58歳や54歳でプレーしたといってもほんの数試合だけだった。実質的には、37~38歳で現役を退いている。キャップ・アンソンやヒューイー・ジェニングスは、大リーグ草創期の選手なので、環境がちがいすぎる。1980年代以降、45歳になってもプレーした野手というと、先述のフランコやビスケル以外には、あのピート・ローズ('86年に45歳で引退)しか思い当たらない。

 イチローは、その「ロングラン・クラブ」に加わろうとしている。

【次ページ】 過去のベテラン選手はどんな成績だった?

1 2 3 NEXT >>

ページトップ