松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

「ああいう勝ち方もあるんだな」
松山英樹、我慢の仕方と開き直り。

posted2016/02/11 10:30

 
「ああいう勝ち方もあるんだな」松山英樹、我慢の仕方と開き直り。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

大観衆は、完全にファウラーの味方だった。しかし、淡々と戦い続けた松山に最後に勝利の女神は微笑んだ。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

「開き直ったら強いって言うけど、あれは間違いない」

 2015年暮れ、松山英樹は勝利から遠ざかった米ツアー2年目を振り返りながら、しみじみとそう言った。それは、言い換えるなら「開き直りきれなかったから勝てなかった」ということだったのだろう。

 彼が言った「開き直る」とは、具体的にはどんな状況、どんな状態を指していたのか。

 暦が2016年に変わり、再び始まった米ツアー転戦の日々。そのわずか2戦目のフェニックス・オープンで松山は早々にその答えを教えてくれた。「開き直る」とは、こういうことだったのだ、と。

 最終日の終盤は、リッキー・ファウラーとの一騎打ちの様相。76ホールの死闘を制し、米ツアー2勝目を挙げた2月7日のサンデーアフタヌーンは、松山が開き直って勝利を掴み取った記念すべき日。

 あの土壇場で開き直った松山英樹は、間違いなく、強かった。

1年目は4位、2年目は2位と悔しい敗戦。

 松山がTPCスコッツデールにやってきたのは、今年が3度目だった。初出場した2014年大会の際は、米ツアーメンバーになったばかりで何もかもが初めてで不慣れで、そんな中でも優勝争いに絡み、4位に食い込んだ。

 デビューしたばかりの外国人の若者にしては「立派だ」、「将来有望だ」と米ゴルフ界からも一目置かれた。

 しかし、松山自身は「4位に食い込んだ」ではなく「4位に終わってしまった」という気持ちでいっぱいだった。

「勝てなかったんで……」

 悔しさばかりが噴き出し、何を語るにも語尾がみんな切れていく。1年目は、そんな終わり方だった。

 2度目の出場となった昨年大会は、もっと悔しいサンデーアフタヌーンになった。13番で単独首位に立ちながら14番のボギーで後退。その直後、イーグルを奪ったブルックス・ケプカに抜かれ、上がり4ホールでの巻き返しならず、1打差の2位で終戦。それは文字通りの惜敗だった。

【次ページ】 「マツヤマは、何が不満で怖い顔をしてるんだ?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
リッキー・ファウラー
勝負を決める108mm

ページトップ