プレミアリーグの時間BACK NUMBER

プレミア・マネーは冬に誰を狙うか。
ロナウド、メッシという超超一流も!?

posted2015/11/22 10:30

 
プレミア・マネーは冬に誰を狙うか。ロナウド、メッシという超超一流も!?<Number Web> photograph by AFLO

渦中のロナウドは、ウインガーからストライカーに徐々にスタイルをチェンジする真っ最中だ。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 11月も後半になると、年明け1月の移籍市場開幕と、続く夏の市場でのより本格的な補強に向けて噂が過熱し始める。今季のプレミアリーグは、開幕前のトップ4候補が揃ってパフォーマンスに安定性を欠く状況。打開策として、例年にも増して大物選手の名前がビッグクラブの獲得ターゲットとして挙がっている。

 日本人の身としては、和製ビッグネームが蚊帳の外という淋しさはある。10月のユルゲン・クロップ監督就任と同時に浮上した香川真司(ドルトムント)のリバプール移籍説は、あっけなく自然消滅した。

 そのリバプールとアーセナルによる本田圭佑への興味が報じられたのは2年前のこと。ACミランで苦しむ現在の本田にもプレミア入りの噂はあるが、移籍先とされる上位勢はトップ4候補になり切れないトッテナムとエバートンが限界。最も現実味がある新天地は、今季12節終了時点での順位こそ6位だが、強豪とは呼び難いウェストハムだ。

メッシに370億円の移籍金を払うクラブは現れるか。

 しかしながら、世界の大物を巡る噂の世界は盛況だ。リオネル・メッシ(バルセロナ)にも、プレミア入りの可能性が騒がれている。2億ポンド(約370億円)規模の移籍金に加え、手取りで1800万ポンド(約34億円)とも言われる年俸を考えれば、“ファンタジー・リーグ”における移籍話にすぎない感はあるが、意中の移籍先はアーセナルだとも伝えられている。

 オーナーのロマン・アブラモビッチがビッグネームに弱いチェルシーも、噂の移籍先の1つ。但し、開幕から絶不調のチームは現実味のある大物新戦力獲得が必要で、FW2名の獲得に動く気配がある。開幕から守備の乱調が問題視されているが、失点数が同じ12節終了時で昨季の11点から23点へとほぼ倍増している一方で、得点数も昨季の30点から16点へとほぼ半減しているのだ。

 最前線の人員整理対象は、レンタル移籍1年目のラダメル・ファルカオと加入2年目のジエゴ・コスタ。出場機会、得点、そして自信の全てが乏しいファルカオはまだしも、ジエゴは開幕3カ月間で計3得点にとどまっているとはいえ、1年目の昨季はプレミア向きとの前評判に違わぬ活躍を見せたのだから手厳しい。ジョゼ・モウリーニョ体制経験のあるゴンサロ・イグアイン(ナポリ)、指揮官が今夏に獲得を望んでいたアントワン・グリエスマン(A・マドリー)らの名前が新FW候補に挙がっている。

【次ページ】 シティはグアルディオラ招聘が先決か。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
本田圭佑
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ
ギャレス・ベイル

ページトップ