松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

優勝したデイの流儀に「へえ~!」。
松山英樹、全米プロ37位の反省点。  

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2015/08/17 16:30

優勝したデイの流儀に「へえ~!」。松山英樹、全米プロ37位の反省点。 <Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

今大会の明暗を分けたフェアウェイバンカーからのショット。松山英樹にとってメジャーは既に、出場や予選突破で満足できる大会ではなくなっている。

 全米プロ最終日。松山英樹が9番グリーンに向かって歩いていたそのとき、すぐ隣の1番ティでは、大観衆に囲まれながら最終組のジェイソン・デイとジョーダン・スピースがティオフしていた。

 3日目を終えたとき、首位のデイと松山はすでに10打の差がついていた。「それでも明日は上を目指して頑張りたい」と彼は言ったけれど、最終日の9ホールを終えたとき、デイと松山の差は14打へ広がっていた。

 クラブハウス方向へ歩きながら、右手を見れば、下向き加減に歩く松山の姿。左手を見れば、メジャー初優勝を目指すデイと世界一の座をも目指すスピースが意気揚々とスタートしていく。その対比は残酷で、しかし明確で、そしてそれが勝負の世界の現実だった。

 最終日の松山はフェアウェイバンカーにつかまった2番でボギーを喫すると、3番も4番もボギーを叩いた。5番でバーディーを奪ってどうにか粘りを見せたが、8番ではドライバーショットを大きく右に曲げ、ラフに打ち込んでロストボールのダブルボギー。前半は「40」を喫した。

 後半はところどころでグッドショットも打ち、わずかに回復の兆しを見せて、3バーディー、1ボギーとスコアを2つ伸ばした。だが、4つもスコアを落とした前半を考えれば、いやいや、広がるばかりの首位との差を考えれば、やっと伸ばした後半の2つは焼け石に水のようなものだった。

 最終日は「74」で回り、通算3アンダー、37位タイ。終わってみれば、優勝したデイの20アンダーと17打の差が開いていた。

「いい感じで来ても、すぐ忘れてしまう」という乱高下。

 振り返れば、松山のショットの乱れは前週のブリヂストン招待から始まった。あのとき松山はショットが乱れた原因について「わからない」、「何で何で?」と首を傾げていた。最終日はどうにかショットの好感触を感じ取り、「4日間あれば、なんとか戻せる」と自信も取り戻した上でウィスリングストレイツにやってきた。

 だが、いざ練習を開始してみると、開幕前の火曜日は「調子は良くない」。水曜日の練習の終わりごろには周囲に「わかった」とうれしそうに言ったそうで、実際、その「わかった」感触を抱いてティオフした大会初日は、前半だけで4バーディーを奪い、瞬間的に首位へ浮上。だが、上がり4ホールで3つのボギーを喫し大失速した。2日目も最後の最後にボギー。ショットの好感触は「いい感じで来ても、すぐ忘れてしまう。思うように動かせない」と、もどかしそうだった。

【次ページ】 優勝の可能性が見えた瞬間に訪れた魔の15番。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
ジェイソン・デイ
勝負を決める108mm
ゴルフ全米プロ選手権

ページトップ