メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

イビチャ・オシムが心配する……
東アジア杯、そしてW杯予選の状態。 

text by

イビチャ・オシム

イビチャ・オシムIvica Osim

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/08/04 17:00

イビチャ・オシムが心配する……東アジア杯、そしてW杯予選の状態。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「イビチャ・オシムの『オシム問答』」、配信は隔週金曜日の予定です。

元日本代表監督のカリスマがサッカーの現在を深く洞察する
メルマガ「イビチャ・オシムの『オシム問答』」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

▼Lesson.109 目次

 【1】〈今週の「オシム問答」〉
        「サッカーはプレーが第一である。もう一度原点に立ち返ろう」

 【2】〈オシムとの対話〉
        「何よりもリーグで質の高いプレーが行なわれることが大事だ」

 【3】〈ジャンマルク・ギウー~コートジボワールのアカデミーを語る〉
        「プレーを好み練習でもプレーを優先させる。とても重要なことだ」

 【4】〈オシムの教え〉
        「優れたチームと対戦して、いろいろなことを学ぶことが必要だ」

----------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】〈オシムとの対話〉
        「何よりもリーグで質の高いプレーが行なわれることが大事だ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボスニアではリーグが開幕したが、暑いからプレーするのも大変だ。

――元気ですか?

オシム:ああ、元気だ。君はどうだ?

――ええ、悪くないです。

オシム:それならいい。ここ(サラエボ)はもの凄く暑くてちょっと過ごしにくい。ほとんど毎日猛暑が続いている。とりわけ歳をとった人間にはきつい。君や私のような(笑)。いや、本当に暑いんだ。

――日本も今は同じです。

オシム:日本だけでなく世界中がそうなっている。望ましいことではない。とりわけボスニアのような国では、医療体制なども十分に整っているとは言いがたい。たとえば熱中症で倒れても、応急措置がすぐに施されるとは限らない。救急車の数が少なく、到着にも時間がかかる。そのうえサラエボ市民はここまでの暑さに慣れていない。だからこそ心配なんだ。

 それで日本はどうだ?

【次ページ】 レアルvs.インテルの試合から新戦力起用のコツを考える。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
イビチャ・オシム
東アジアカップ

ページトップ