サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

東アジア杯で「結果」を追う無意味さ。
テストに徹せず、韓国と空しいドロー。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/08/06 11:20

東アジア杯で「結果」を追う無意味さ。テストに徹せず、韓国と空しいドロー。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

意図する速攻が機能せず、苛立ちを見せるヴァイッド・ハリルホジッチ監督。東アジア杯優勝は消えたが、最終戦では確かな進歩の跡が見たい。

 2015年8月5日に行われた東アジアカップの日韓戦は、20世紀の日韓戦のようだった。正確にはハンス・オフトが代表監督に就任する以前の、1991年までのゲームを見ているようだった。

 韓国が攻め、日本がしのぐ。

 韓国が攻め、日本がしのぐ。

 なおも韓国は攻め、日本は耐える。

 1991年以前の日韓戦と違ったのは、土壇場で失点を喫しなかったことだろう。1-1の引き分けで、日本は終了のホイッスルを聞いた。

 試合後のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「韓国は我々よりも連携が取れていて、ある程度準備が進んでいたチームだ」と話した。

 ハリルホジッチ監督と同じ'82年のスペインW杯に出場したウリ・シュティーリケが、昨年10月から韓国を率いている。「日本より準備が進んでいる」のは確かだが、この日のスタメンはテストの色彩が濃い。

 大会開幕時点で国際Aマッチ出場が2ケタに満たない選手が、実に7人も起用されている。そのうち5人はAマッチ出場が5試合にも届かない。「連携が取れている」というのは、少しばかり説得力に欠ける。

北朝鮮戦で欠けていたメリハリを意識した試合運び。

 196センチのキム・シンウクを最前線に置く韓国の攻撃への対処法は、北朝鮮戦の復習だった。長身のターゲットマンに起点を作らせず、最終ラインがズルズルと後退しない。ロングボールやクロスを跳ね返すだけでなく、セカンドボールを支配する。ディフェンスのテーマは、逆転負けを喫した3日前の後半と同じである。

 相手の攻撃を受け止める時間が長かったのは、北朝鮮戦の反省を生かしたものだ。ロングボールの出どころへプレッシャーをかけられなかった終盤の展開は、前半のオーバーペースに原因があった。攻撃の局面でタテへの推進力と人数を失っていったのも、肉体的な消耗に理由を求められる。

 北朝鮮戦に欠けていたメリハリを、この日の日本は意識していた。割り切って跳ね返す場面と奪ったボールを動かす場面とを使い分け、スタミナのロスを避けたのである。

【次ページ】 この試合でリアリストであることは必要だったか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ

ページトップ