詳説日本野球研究BACK NUMBER

史上初、プロに六大学出身監督ゼロ!
成績でも押される名門リーグの苦悩。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/08 10:30

史上初、プロに六大学出身監督ゼロ!成績でも押される名門リーグの苦悩。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月30日、慶応大を下し東京六大学野球春季リーグで6季ぶり、44度目の優勝を果たした早稲田大。大学選手権では、東都を中心とした他リーグの代表校に対し真価を発揮できるか。

 2015年、プロ野球12球団監督の中に東京六大学リーグ出身者が1人もいない。これはプロ野球のリーグ戦がスタートした1936(昭和11)年以降、初めてのことである。

ソフトバンク・工藤公康(名古屋電気高)
オリックス・森脇浩司(社高)→休養して監督代行は福良淳一(延岡工→大分鉄道管理局)
日本ハム・栗山英樹(東京学芸大)
ロッテ・伊東勤(熊本工高→所沢高)
西武・田邊徳雄(吉田高)
楽天・大久保博元(水戸商高)
巨人・原辰徳(東海大)
阪神・和田豊(日本大)
広島・緒方孝市(鳥栖高)
中日・谷繁元信(江の川高)
DeNA・中畑清(駒沢大)
ヤクルト・真中満(日本大)

 大学卒5人の出身リーグは、和田、中畑、真中各監督が東都大学リーグ、原監督が首都大学リーグ、栗山監督が東京新大学リーグである。昔は東京六大学リーグ出身者こそプロ野球の監督にふさわしいという雰囲気があり、プロ野球のリーグ戦がスタートした1936(昭和11)年などは、全7球団の監督が東京六大学リーグ出身者で占められていた。

巨人・藤本定義(早稲田大)
大阪タイガース・森茂雄(早稲田大)
阪急・三宅大輔(慶応大)
名古屋・池田豊(早稲田大)
名古屋金鯱・岡田源三郎(中央大→明治大)
大東京・小西得郎(明治大)
東京セネタース・横沢三郎(明治大)

[註]リーグ戦がスタートする前に、巨人・三宅(前出)、浅沼誉夫(早稲田大)、大東京・永井武雄(慶応大)の3人が解任されているが、彼らも東京六大学リーグ出身者である。

【次ページ】 三原、水原、鶴岡など六大学出身の名監督がいた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
東京六大学野球

ページトップ