沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ドバイの新ダートコースで日本馬苦杯。
ホッコータルマエを襲った思わぬ陥穽。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/03/30 11:30

ドバイの新ダートコースで日本馬苦杯。ホッコータルマエを襲った思わぬ陥穽。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

いつも通りの積極的なレース運びを見せたものの5着に終わり悔しさを見せるホッコータルマエと幸英明。日本のダート王をしてもドバイの壁は高かった。

 ドバイ、中京ともに、日本馬にとっては厳しい週末となった――。

 現地時間の28日夜(日本時間29日未明)に行なわれた世界最高賞金レースのドバイワールドカップ(メイダンダート2000m、GI、9頭立て)に、日本のダート王ホッコータルマエ(牡6歳、父キングカメハメハ、栗東・西浦勝一厩舎)と、昨年のジャパンカップなどを勝っているエピファネイア(牡5歳、父シンボリクリスエス、栗東・角居勝彦厩舎)が出走したが、それぞれ5、9着に敗れた。

ホッコータルマエ、予定通りにハナを奪ったが……。

 2番枠から出たホッコータルマエは、鞍上の幸英明に気合いをつけられ、果敢にハナを奪って最初のコーナーに進入した。

 差なく昨年の勝ち馬アフリカンストーリー、本命視されていたアメリカのカリフォルニアクロームらがつづき、エピファネイアは少し遅れた中団の外目につけた。

「ハナを切るか、2番手かと考えていた」という幸が思い描いていたとおりの展開になった。ホッコータルマエは、道中ずっと手綱をしごいて促しながらの走りになったが、先頭から最後方までさほど差はなかった。極端な縦長になれば飛ばしすぎなのだが、そうではない。後ろの馬になし崩しに脚を使わせ、最後に、切れ味勝負ではなく、底力勝負に持ち込もうとする鞍上の意図が見えた。

 4コーナー手前でエピファネイアがずるずると後退し、上位争いから脱落した。手綱をとったクリストフ・スミヨンによると、「他馬のキックバック(蹴り上げた砂)がすごくて体力を消耗してしまった」ようだ。

 内埒沿いを走るホッコータルマエが先頭のまま直線に入った。

 外から他馬が猛然と襲いかかってくる。

 しかし、さすが日本のダート王、簡単には呑み込まれない。

 このまま粘り込むか――とも見えたが、ラスト400m地点手前で外から来た馬にかわされ、最後は力尽き、5着に終わった。

【次ページ】 ホッコータルマエが伸びを欠いた、意外な理由。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ホッコータルマエ
エピファネイア

ページトップ