メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

岡田彰布が語る、巨人の正捕手問題。
阿部の一塁転向、チームへの影響は? 

text by

岡田彰布

岡田彰布Akinobu Okada

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/03/02 16:30

岡田彰布が語る、巨人の正捕手問題。阿部の一塁転向、チームへの影響は?<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「野球の神髄~岡田彰布の直言~」、配信は隔週金曜日の予定です。

伝説の名将が最新の阪神、プロ野球事情を語りたおす
メルマガ「野球の神髄~岡田彰布の直言~」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

 【1】 離脱者ゼロでキャンプを乗り切ったヤクルト。
          ~“ヤ戦病院”の汚名返上で台風の目に!?~

 【2】 名捕手・阿部のコンバートで巨人バッテリーはどうなる!?
          ~開幕スタメンは2年目の小林か、FA移籍の相川か~

 【3】 読者の質問に「そら答えるよ」。
          ~岡田彰布のズバリ回答~

……………………………………………………………………………………………
【2】 名捕手・阿部のコンバートで巨人バッテリーはどうなる!?
          ~開幕スタメンは2年目の小林か、FA移籍の相川か~
……………………………………………………………………………………………

──さて、多くの評論家が優勝候補に挙げる巨人ですが、キャッチャーの阿部がファーストに正式に転向しました。入団以来14年間、捕手登録でしたが、今季から内野手としての登録になります。

岡田:相川を獲得できたからこそのコンバートやろうな。いずれは小林を正捕手に……という構想はあるだろうけど、当面は相川と小林を併用していくんとちがうか。

──小林のリードは阿部に比べるとまだまだ……。ゴールデングラブ賞のキャッチャーがいなくなるわけですから、巨人バッテリーの弱体化は否めない?

岡田:リードに関しては経験を積むしかないやろ。だからと言って、小林の経験不足がすぐにバッテリーの弱体化につながるかというと、そこまで深刻な影響はないと思うで。小林の経験不足を補うためにも相川がいるわけだしな。

投手の力量がものをいうのは日本でも変わらんよ。

──ルーキーイヤーの昨年は守備では58試合に出場しましたが、ことしは当然出場機会は大きく増えることは確実でしょう。しかし、日本ではバッテリーにおける捕手のウェイトが大きいとされていますが、広島の黒田が先日の復帰会見で「アメリカではそれこそ数えきれないキャッチャーと組んできたし、誰とでも投げられるピッチャーでないといけないと思うのでこだわりはない」と発言していたのが印象的でした。

岡田:相性の良し悪しはあるにせよ、黒田ぐらいのレベルになると、キャッチャーのリードで引っ張ってもらうとかいう投手ではないからなあ……。メジャーでは配球の組み立てもピッチャーに主導権があるというし、試合数も多いからキャッチャーも休養させるしな。でも、投手の力量がものをいうのは日本でも変わらんよ。

──投手のポテンシャルを余すことなく引き出せる名捕手でも、50の力量の投手を100に引き上げることはできないということですかね。阿部に話を戻すと、昨年は打撃成績は今ひとつで、打率は.248と低迷しました。

岡田:守備の負担を減らして、打撃に集中させる。そのためにコンバートしたわけやから、打ってくれないと監督は困るわな。

◇   ◇   ◇

他にも、離脱者ゼロでキャンプを乗り切ったヤクルト、盗塁のサインなどに
ついて語っている岡田氏。この続きは、メルマガNumber
「野球の神髄~岡田彰布の直言~」でぜひお読みください。

野球の神髄 ~岡田彰布の直言~
関連キーワード
岡田彰布

ページトップ