ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

内田篤人にとって、最も厳しいCLに。
大敗、ブーイング、自力突破消滅。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/26 16:30

内田篤人にとって、最も厳しいCLに。大敗、ブーイング、自力突破消滅。<Number Web> photograph by AFLO

チェルシーに大敗し、グループリーグ突破の危機に瀕した内田篤人とシャルケ。ブンデスリーガでも7位とEL圏外に停滞し、苦しい戦いがつづく。

 試合前から、シャルケには不穏な空気が流れていた。

 前節のアウェーでのスポルティング戦に2-4で敗れたため、この節の結果次第ではグループ2位から3位へと転落してしまう状況になっていたからだ。

 土曜日に行なわれたヴォルフスブルク戦では、左サイドバックのアオゴの出場停止を受けて、ディマッテオ監督は試合の2日前に急きょテストした3-5-2を採用。内田が加入する前の2009年以来となる3バックで戦ったシャルケは、奇襲に見事成功した。リーグ2位のヴォルフスブルク相手に3点を先取して、2点を返されながらも3-2で勝ちきっていた。

 アオゴが戻って来たとはいえ、この試合でも3バックを採用するかと思われていたが、チェルシー戦は4-1-4-1でスタートした。ヘベデスを左のサイドバックにして、アオゴは左MFにまわす奇策に出た。

 しかし前半2分にコーナーキックをファーサイドで競り負けて、あっさりテリーに先制ゴールを許してしまった。格上との試合で、セットプレーからキックオフ直後に先制を許すという最悪の立ち上がりだ。

内田の攻撃参加からチャンスをつくるも……。

 それでも前半13分には、ヘーガーが右サイドに出したパスを内田がダイレクトでフンテラールへ。フンテラールがモティンクに流すと、ドリブルでしかけてシュート。これがDFにあたりコースが変わってゴール方向へ飛ぶ。しかし、シュートはクロスバーにはじかれてしまう。

「自分が絡まないといけないと思っていた。なかなかシュートまでいけなかったし。その分、高い位置をとるけど……」

 内田は試合後にそのように語り、ディマッテオ監督が「あれが入っていれば」と悔やんだシーンでもあった。

 ただこの日のシャルケは、DFラインを上げているものの、中盤から前の選手のプレッシャーは甘かった。そのため、簡単にDFラインの裏のスペースを使われてしまう悪循環に陥った。センターバックであるヘベデスを左サイドバックで使うという奇策も、これでは実るはずがない。

【次ページ】 ホームスタジアムがブーイングに包まれた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
内田篤人
シャルケ
チェルシー
ロベルト・ディマッテオ
ジョゼ・モウリーニョ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ