セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

“最速”のローマがスクデットへ。
混乱の王者をとらえる準備は整った。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/08/20 10:30

“最速”のローマがスクデットへ。混乱の王者をとらえる準備は整った。<Number Web> photograph by Getty Images

2011年のオーナー交代以降、的確な補強を重ねて昨季はついに2位まで辿りついたローマ。4度目のスクデットは完全に視野に入っている。

 映画『ローマの休日』が封切られたのは、今から60年以上前のことだ。アン王女と新聞記者ジョーは古いベスパにまたがり、トコトコと牧歌的に永遠の都を巡った。

 もし彼らが2014年のASローマを見たなら、疾走感溢れるプレーに目を丸くしたにちがいない。

 指揮官ガルシア率いるローマの加速力は「まさに“モトGP”」。地元紙が世界最高峰の2輪レースに喩えたタイトルを付けるほど、彼らのプレースピードは国内で傑出している。就任初年度だった昨季、チームを2位に大躍進させた指揮官のルディ・ガルシアは大望を隠さない。

「CLも大きな目標だが、今シーズンのファーストチョイスはカンピオナート制覇だ」

 昨季、ローマは堂々の勝ち点85を挙げた。

 史上最多勝ち点記録「102」を叩き出した3連覇王者ユベントスにこそ屈したが、ローマが積み上げた数字は、4年前に優勝したミラン(82点)を上回っている。

 年間を通した細かなデータを見れば、ボールポゼッションはもちろん、敵陣でのパス成功数やドリブル成功率、ボディコンタクトを伴うボールの競り合いでの勝率など、試合の鍵となる局面でも、ユーベと互角どころか王者を凌ぐ点も少なくなかったことがわかる。

足りなかった「経験」を埋めるピースを補強で獲得。

 ユーベにあってローマになかったものは、タイトルレースを制した経験と気迫だった。

 逆転優勝の望みがほぼ絶たれていた昨季のラスト3戦で、ローマは意地を見せることなく3連敗した。闘将コンテが作り上げた常勝ユーベと比べ、彼らは若かった。

 王者につけられた勝ち点17のギャップを埋めるため、今夏サバティーニSDは総額2200万ユーロ近くを費やして、期待の新星FWイトゥルベを獲得した。

 その一方で、ベテランDFアシュリー・コールやMFケイタも獲っている。彼らの豊かな経験は、カンピオナートの分水嶺やCLへ挑むローマにとって、貴重な拠り所となるはずだ。

 クラブの強気の補強姿勢は、チーム全体に“今季は本気でタイトルを獲りにいくぞ”というメッセージとなって伝わった。

【次ページ】 親善試合ではR・マドリー相手に金星をあげる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ローマ
ルディ・ガルシア
ユベントス

ページトップ