オリンピックへの道BACK NUMBER

日本競泳界の常識を越える萩野公介。
パンパシでもメダルラッシュなるか!? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2014/08/16 10:50

日本競泳界の常識を越える萩野公介。パンパシでもメダルラッシュなるか!?<Number Web> photograph by AFLO SPORT

アメリカでの高地トレーニングから帰国した萩野は、「(成長した部分を)ひとつ挙げるとすれば背泳ぎです。無駄のない泳ぎを意識して取り組んできたので」とコメント。入江との再戦が楽しみだ。

 一昨年、ロンドン五輪の日本代表入りを果たし、「世界でどれだけ通用するのか、楽しみにしています」と言っていたのが遠い過去のようだ。

 あれから2年、萩野公介は瞬く間に階段を駆け上がり、世界のトップスイマーの1人と目されるまでになった。しかも、そのスタイルは日本の競泳界の枠を破るものでもあった。

 ロンドン五輪の400m個人メドレーで銅メダルを獲得した萩野が、一躍脚光を浴びたのは昨年のことだった。日本選手権では6種目にエントリーし、史上初の5冠を達成したのだ。世界選手権でも個人6種目とリレー1種目に出場し、そのすべてで決勝に進出。銀メダルを2つ獲得し、多種目で高いレベルにいることをあらためて証明してみせた。海外にこそオリンピックでいくつも出場して何個もメダルを獲るような選手はいたが、これまでの日本にはいないに等しかった。だからこそこの萩野の活躍は、まさに日本の競泳界全体に驚きをもたらしたのだ。

努力で才能を伸ばした“水泳の申し子”。

 堂々、日本男子の中心的存在となった萩野は、今春の日本選手権でも6種目に出場。1つ少ない4種目の優勝という結果だったが、内容を見れば昨年からの成長は確かだった。400m自由形と200m個人メドレーでの日本新記録を含め、400m個人メドレーを除く5種目で自己ベストをマークしたことがそれを象徴する。

「去年とはひと味もふた味も違う充実した4日間でした。成長を感じます」

 自身も大会を終えてこう振り返った。

 萩野の強さの秘密は、これまでも多方面から注目・説明されてきている。例えば、小学生の頃から高校生の頃まで指導にあたってきたコーチは、「水泳をするために生まれてきた子と思いました。水泳に向いた手足の長さ、そして持久系の練習をするとものすごく強かった」と語った。

 その後、指導にあたるようになった平井伯昌コーチは「(萩野は)努力することが苦ではないんじゃないか」と言ったことがある。

「どの種目でも勝てるような選手になりたいです」

 萩野自身が語る未来の姿がそうであるように、志の高さもある。

 身体能力をはじめ、取り組む姿勢、技術、それらが合致してこそだろう。

【次ページ】 萩野の存在感がライバルを奮い立たせた。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
萩野公介
平井伯昌
パンパシフィック水泳選手権
オリンピック
リオデジャネイロ五輪
水泳

ページトップ