Number on NumberBACK NUMBER

五輪までの2カ月間。
~GPでの成績と、メダルの相関性~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2014/02/04 06:15

五輪までの2カ月間。~GPでの成績と、メダルの相関性~<Number Web> photograph by Mami Yamada

今季で引退の意向を示している浅田真央。2度目にして最後となる五輪で、表彰台の頂点に立つことはできるだろうか。

 ソチ五輪に挑む日本のフィギュアスケート男女6人のシングル代表は、総合的に見て史上最高のレベルにあることは間違いない。バンクーバー五輪の時もレベルは高かったが、今回は、いわゆる三番手で選ばれた選手が男子は高橋大輔、女子は村上佳菜子だった。高橋は'13年11月のNHK杯で、今季世界3番目のハイスコア、268.31を出して優勝している。村上も国内大会とはいえ、重圧のかかる全日本選手権で大台の200点越え(202.52)。そして年が明けて1月に行われた四大陸選手権では、国際大会で自己最高となる196.91を出して優勝した。こういうレベルの選手が、代表選考では三番手だったのである。そんな国はほかにない。

 バンクーバー五輪の時、日本勢は男子が銅、7位、8位。女子は銀、5位、8位だった。今回はこれを上回る成績になる可能性がきわめて高い。どれくらいの成績が期待できるのか。そもそも、フィギュアスケートの五輪メダリストは、どのような実績を持つ選手がなっているのか。GPシリーズの成績と、五輪の成績にはどのような相関関係があるのか。こういった点について検討してみたい。

GPファイナルでの優勝は金メダルの必要条件ではない。

●フィギュアスケート・五輪過去2大会のメダリスト
   五輪シーズンのGPシリーズ、GPファイナル成績
  五輪   選手名(国)五輪での得点
GPシリーズでの順位と得点
男子 バンクーバー E・ライサチェク(米国) 257.67
中国(2)232.17 米国(1)237.72 F (1)249.45
E・プルシェンコ(ロシア) 256.36
ロシア(1)240.65
高橋大輔(日本) 247.23
日本(4)214.29 カナダ(2)231.31 F (5)224.60
トリノ E・プルシェンコ(ロシア) 258.33
ロシア(1)241.80
S・ランビエール(スイス) 231.21
中国(2)203.60 ロシア(2)225.55 F (1)230.10
J・バトル(カナダ) 227.59
カナダ(2)201.19 フランス(1)215.48 F (2)214.34
女子 バンクーバー キム・ヨナ(韓国) 228.56
フランス(1)210.03 米国(1)187.98 F (1)188.86
浅田真央(日本) 205.50
フランス(2)173.99 ロシア(5)150.28
J・ロシェット(カナダ) 202.64
中国(3)163.18 カナダ(1)182.90 F (5)156.71
トリノ 荒川静香(日本) 191.34
中国(3)173.60 フランス(3)173.30
S・コーエン(米国) 183.36
フランス(2)175.12
I・スルツカヤ(ロシア) 181.44
中国(1)196.12 ロシア(1)198.06 F (2)181.48
※FはGPファイナル

 上表は五輪過去2大会の男女メダリストが、五輪シーズンのGPシリーズとGPファイナルにおいて、どのような順位と得点を獲得していたか示したものだ。

【次ページ】 GPファイナルの順位と五輪の順位は、一致していない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
浅田真央
村上佳菜子
羽生結弦
織田信成
高橋大輔
安藤美姫
キム・ヨナ
ソチ五輪

ページトップ