MLB東奔西走BACK NUMBER

上原浩治の“出来すぎた”1年間。
38歳の男を支える、等身大の反骨心。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/10 08:01

上原浩治の“出来すぎた”1年間。38歳の男を支える、等身大の反骨心。<Number Web> photograph by Getty Images

11月2日に行なわれた優勝パレードでファンの声援に応える上原浩治。今シーズンはSNSなどを通じて、ファンとの交流を図ってきた。

 レッドソックスの上原浩治投手。

 彼の今シーズンを振り返ると、本人が表現しているように“出来過ぎ”という言葉が最も適しているのだろう。

 地区優勝、地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズ、ワールドシリーズの常に大事な局面で登板し、試合を決める最後の打者を空振り三振で締めくくる。如何に有能な脚本家でも書けないような、あまりに出来すぎたクローザー夢物語のシナリオを体現してしまったのだ。

 すでに報道されているように、シーズン途中から4人目(正確には4人目で5番目)のクローザーに指名されて以降、圧倒的な投球とともに、日米で“時の人”となった。

 ただ、上原のチームでの存在感はシーズン開幕当初から眩いばかりの光を放っていた。

「コウジがMVPを受賞しても驚かないだろう」

 ポストシーズンでは目立つことはなかったが、今シーズン、チームの先発投手陣はずっと安定感を欠き、リリーフ陣はフル回転を強いられた。そんな中で主力リリーフ陣のジョエル・ハンラハン、アンドリュー・ベイリー、アンドリュー・ミラーの各投手が次々に戦線を離脱。

 結局、シーズンを通して故障なく投げ続けたのは上原と田澤純一投手の2人だけだった。

 しかも、初めてメジャーでのフルシーズンを過ごす田澤が経験不足から好不調の波を露呈する中で、上原は最初から最後まで絶対的な安定感を維持し続けた。

 6年ぶりの地区優勝を決めた際に、ジョン・ヘンリー筆頭オーナーが「コウジがMVPを受賞しても驚かないだろう」と最大の賛辞を送ったのは、決してお世辞ではない。

 だからといって、すべて上原が望んだ通りの“Picture Perfect(自分の思い通りに描くこと)”だったわけではない。

 ポストシーズンで登板した際にマウンド上で見せた苦悶の表情からも窺い知れるように、上原は肉体的にも精神的にも限界をすでに超えていた。

【次ページ】 2年前の防御率33.75から、今年は0.66に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ボストン・レッドソックス
上原浩治
ジョン・ファレル

ページトップ