スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

40歳目前でもまだ投手は進化できる!
世界一の上原浩治、異次元の制球力。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/11/01 11:55

40歳目前でもまだ投手は進化できる!世界一の上原浩治、異次元の制球力。<Number Web> photograph by AFLO

ワールドシリーズで世界一決定の瞬間のマウンドを任された上原。ポストシーズンで7セーブとメジャータイ記録に並んだ。

“KOJI TIME”が毎日、待ち遠しかった。

 上原浩治には、私が担当している番組(NHK「BSベストスポーツ」)で月に一度、出演してもらっていることもあるし、6月にはボストンで実際にインタビューもした。ちょうどクローザーに指名された時期である。

 あれから4カ月、ワールドシリーズ優勝の瞬間をマウンドで体験するという、最高の結末が用意されていようとは、想像できなかった。

 正直にいえば、ワールドシリーズでは上原を、そしてレッドソックスを応援した。

 全力投球する姿に、胸を打たれたことを告白しておく。

「コントロールは3番目の球種」

 さて、分析に入ろう。

 今季、上原の投球には変化が見られた。昨季までは「フライボール・ピッチャー」だったのが、「グラウンドボール・ピッチャー」に変身した。この変身ぶりが安定感の源になったのである。

 そのあたりの分析は9月13日配信のコラムにすでに書いているが、もうひとつ、上原本人がシーズン中に語った言葉で印象的なのが、

「コントロールも“球種のひとつ”なんです」

 というものだった。

 一瞬、「?」が頭の中に浮かんだ。

 かみ砕いて考えてみると、新しい変化球をマスターしたときに得られる「自信」、それと同じような充実を「制球力・コントロール」そのものに感じていたのだろう。かなりの確率で、思ったところにコントロールできていたのではないか。

【次ページ】 次元の異なる上原の驚異的なコントロール。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
上原浩治
ボストン・レッドソックス
田澤純一
セントルイス・カージナルス
マイケル・ワッカ
ワールドシリーズ

ページトップ