野球クロスロードBACK NUMBER

首位・楽天相手に2試合連続サヨナラ。
打ち勝つ野球で、西武はまだ死なず! 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/20 12:35

首位・楽天相手に2試合連続サヨナラ。打ち勝つ野球で、西武はまだ死なず!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

8月18日の楽天戦でサヨナラタイムリーを放った栗山巧(右から2人目)。プロ入り12年目で今年30歳になるが、握力は80kgを誇るという。

 西武の「チャンステーマ4」と呼ばれる壮大な応援が、西武ドーム全体を激しく揺らす。

 オーオオーオオー、オオオオオオオー……。地鳴りのように響き渡るイントロ。男性と女性、各パートが絶妙にシンクロし、チームの攻撃リズムを強烈に後押しする。

 8月18日の楽天戦。そのチャンステーマ4が鳴り止まぬうちに勝敗が決するなど誰が予想したことだろうか……。

 まさに、筋書きが読めない試合だった。

 楽天に2点先制されて迎えた2回裏、ヘルマンのグランドスラムなどで一挙6点を奪い逆転に成功し、その後も西武が主導権を握っていた。ところが、8対5と3点リードで迎えた7回、松井稼頭央に痛恨の同点3ランを許し形勢を逆転されると、8回にはマギーに勝ち越し3ランを浴び8対11。試合の大勢は、決しようとしていた。

 しかし、まだこの試合は終幕を迎えていなかった。

「ランナーがひとり出れば可能性がある。みんな諦めていませんでした」

 主将の栗山巧は眼光鋭くそう言ってのける。

 9回裏は、まさに彼の言霊が具現化していた。

壮絶な打撃戦を制した渡辺監督は「まだ、死んでない」。

 6番・大崎雄太朗からの3連打で満塁とすると、9番の鬼崎裕司が押し出しの四球を選び、ヘルマンのタイムリーで1点差。そして、2死二、三塁の一打サヨナラの場面から栗山がライト前に鋭い打球を放ち、西武が劇的すぎるフィナーレを飾った。

 それまで5打数無安打と精彩を欠きながら最終的に殊勲打を放った栗山は、昂揚感を覚えながらも冷静に激闘を振り返る。

「負けていたし、気楽といったら変ですけど『いいところで回ってきたらええな』と。開き直って打席に立てたのが良かったと思います。(楽天との試合では)打ち合いになることは覚悟していました。勝つとしたら打ち勝つしかないと思っていたんで、最後の最後で打てて良かったです」

 12対11。両軍合わせた安打数は32。壮絶な乱打戦を制した打線に渡辺久信監督は「いやぁ、すごいね」と脱帽し、チームの諦めない姿勢を讃えた。

「9回は下位から始まる苦しい場面だったけど、コツコツ繋いでくれた選手たちは素晴らしい。けど、やっぱり最終的に決めてくれたキャプテン、クリが素晴らしかった。諦めないことが今のうちには必要だからね。今日のゲームは本当に執念を感じた」

 これが、2日前、自力優勝の可能性が消滅したチームなのか? 誰もが西武の現在地を疑うほどの粘り強さだった。

 指揮官は気を引き締め、語調を強めてはっきりと言った。

「我々はまだ、死んでない」

【次ページ】 田中に21連勝を許した翌日から、2戦連続のサヨナラ劇。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
埼玉西武ライオンズ
栗山巧
大崎雄太朗
鬼崎裕司
ヘルマン
渡辺久信
菊池雄星
涌井秀章
浅村栄斗
秋山翔吾
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ