プレミアリーグの時間BACK NUMBER

モイーズ&香川、モウリーニョ……。
プレミアリーグ開幕、見所完全紹介。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/08/15 08:01

モイーズ&香川、モウリーニョ……。プレミアリーグ開幕、見所完全紹介。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

コミュニティシールドで、ウィガンと対戦したマンU。香川真司は83分にウェルベックと交代出場した。ルーニーを欠いたこの試合は、2-0でマンUが勝ち、今季初タイトルの獲得となった。

 いよいよ始まる、プレミアリーグ2013-14シーズン。優勝争いには、今季も有力候補の昨季トップ3が、揃って新体制1年目という見所も加わっている。

 王座防衛を目指すマンチェスター・ユナイテッドでは、デイビッド・モイーズ監督が、プレミア12年目にして、初めて優勝の期待を背負う。

 プレッシャー下のプレシーズンを「試練だった」と認めても、内心では成功への決意を新たにしているはずだ。バルセロナのセスク・ファブレガスなど、攻撃的MFに意中の大物は獲得できなかったが、目標としている攻守にエネルギッシュなサッカーは可能だ。

 2年連続プレミア得点王、ロビン・ファンペルシの背後には、移籍を望むウェイン・ルーニーの代わりに、2年目の存在感アップが望める香川真司がいる。両サイドには、攻守に汗が光るダニー・ウェルベックとアントニオ・バレンシア。新加入のウィルフレッド・ザハと、ユース出身のジェシー・リンガードの若い両翼は、アジア遠征で即レギュラー並の戦力を感じさせた。加えて、モイーズの古巣であるエバートンからも、マルアヌ・フェライニとレイトン・ベインズを引き抜く可能性が、9月2日の移籍市場閉幕ギリギリまで残されている。実現すれば、それぞれ新ボランチと新SBとして、中盤の迫力と左サイドの活力を高めることは間違いない。

アグエロ復帰で、ペジェグリーニに戴冠の期待かかるマンC。

 王座奪還を狙うマンチェスター・シティは、国内外主要タイトルとはこれまであまり縁のないマヌエル・ペジェグリーニを監督に迎えた。とはいえ、新戦力を4名も早々に獲得したことは非常に効果的だったようだ。

 今冬にマリオ・バロテッリ、今夏にカルロス・テベスを放出した前線の欠員は、アルバロ・ネグレドとステバン・ヨベティッチが埋める。中央のフェルナンディーニョと右サイドのヘスス・ナバスも、プレシーズン中からフィットしている。攻撃姿勢を強めたいペジェグリーニには、昨季から怪我を引きずっていた最大の得点源、セルヒオ・アグエロに開幕戦で戦線復帰が見込まれる点も心強い。

 DF陣では、逆にマティヤ・ナスタシッチが開幕に間に合わない可能性が高いが、CBにはジョレオン・レスコットがいる。昨季途中でナスタシッチに定位置を奪われたが、開幕当初は、バンサン・コンパニとレスコットのCBコンビを前提に、マンCの連覇が予想されていた。総合的な戦力は、依然としてプレミア随一だ。

【次ページ】 スタイルを激変させたモウリーニョの新戦略とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
デイビッド・モイーズ
マンチェスター・シティ
マヌエル・ペジェグリーニ
ジョゼ・モウリーニョ
アーセナル
トッテナム
リバプール
ブレンダン・ロジャーズ
チェルシー
アンドレ・ビラスボアス
ロベルト・マルティネス
エバートン
スウォンジー
ミカエル・ラウドルップ
サウサンプトン
アラン・パーデュー
サム・アラーダイス
ウェストハム
マウリシオ・ポチェッティーノ
クリス・ヒュートン
アストンビラ
ポール・ランバート
サンダーランド
パオロ・ディ・カーニオ
ノリッチ
クリスタル・パレス
イアン・ホロウェイ
マーク・ヒューズ
ストーク

ページトップ