セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

大物が移籍でセリエAに続々集結。
復権の先鋒はユーべかそれとも……。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/08/16 10:30

大物が移籍でセリエAに続々集結。復権の先鋒はユーべかそれとも……。<Number Web> photograph by AFLO

ジョレンテ(右)とテベス。2人の本格FWを獲得し欧州の頂点に照準を合わせたユベントス。しかし今季のセリエは彼らに独走を許すほど簡単なリーグにはならないだろう。

 目指すはイタリア、狙うはスクデット。

 近年凋落が叫ばれていたセリエAへ、トッププレーヤーたちが今夏、次々に再集結を始めた。各チームが積極補強した“ストラニエーロ(=外国人選手)”の出来が、スクデットの行方を左右する。

 移籍市場での新外国人獲得ラッシュの口火を切ったのは、3連覇を目指す王者ユベントスだ。デル・ピエーロの背番号10を受け継いだ野生児FWテベス(アルゼンチン)とスペイン代表FWジョレンテは「スクデットが現実的目標」と揃って口にしているが、昨季ベスト8止まりだったCLに対する闘将コンテのこだわりは強い。

 10日に行われたアニェッリ会長への新チームお披露目ゲームに、UEFA会長プラティニがお忍びで現れた。大物OBの激励に感激したDFキエッリーニは「(プラティニと)CLの決勝戦で再会したい」と決意を新たにした。

 ユーベが狙う真の標的はもはやイタリアの外にある。そのための戦力も揃えた。それゆえに、欧州カップ戦への意気込みが強すぎると、昨季昇格組だったサンプドリア相手に2敗したように、国内で足をすくわれる可能性が高くなる。優勝への最短距離にいることは間違いないが、王者への陥穽は確実にある。

巨大補強でダークホース以上の存在感を放つナポリ。

 打倒ユーベの最右翼は、新監督ベニテスを招聘し巨大補強を敢行したナポリだ。

 FWイグアインを筆頭にMFカジェホンとDFアルビオルの“レアル・マドリー3人衆”獲得に100億円超を投入。タイプの異なるFW陣にベルギー代表のメルテンスも加わり、どこからでも点が取れる攻撃陣は、昨季の得点王カバーニ(パリSG)放出の痛手を感じさせないどころか、むしろ大きくスケールアップした。

 守備の要としてベテランGKレイナも獲得。カバーニ放出によって得た巨額の資金が、ナポリのチーム編成をひと夏で激変させた。スペイン流の「4-2-3-1」を導入した指揮官ベニテスは、かつてリーガやプレミアで重用した同胞選手を駆使することで、セリエAに新風を呼び込むはずだ。

 ドラスティックな変化がリスクを背負うものだということは指揮官も覚悟の上だが、野心に燃えるクラブのサポートも万全。今のナポリは危険極まりない、ダークホース以上の存在だ。

【次ページ】 本田圭佑はセリエAの“ストラニエーロ”に名を連ねるか。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ユベントス
アントニオ・コンテ
ナポリ
ラファエル・ベニテス
ローマ
インテル
フィオレンティーナ
ACミラン
アリゴ・サッキ
トリノ
サンプドリア
ジェノバ
ベローナ
キエーボ
ラツィオ

ページトップ