詳説日本野球研究BACK NUMBER

今年は“小粒”だなんて言わせない!
開幕直前、甲子園の注目選手たち。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/07 10:30

今年は“小粒”だなんて言わせない!開幕直前、甲子園の注目選手たち。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

甲子園入りし、守備練習で鋭い送球を見せる大阪桐蔭・森友哉。大阪桐蔭も登場する大会初日8日は18歳の誕生日。怪我を負いながらも大阪大会を勝ち抜いたタフガイは、大優勝旗を再度その手にできるのか。

 甲子園大会が始まる6日前の8月2日から5日間、中学生の全国大会・第41回リトルシニア日本選手権大会(以下リトルシニア選手権)に通い、7年ぶりに中学野球をじっくり見た。

 一言で言うと、中学野球は今とんでもないことになっている。私は選手の能力を判断するポイントを脚力だと思っているが、その脚力が7年前とはくらべものにならないくらい上昇しているのだ。

 プロ・アマに関わらず、私が設定する俊足の基準は打者走者の「一塁到達4.3秒未満」(二塁到達8.3秒未満、三塁到達12.3秒未満)。7年前までは、この基準タイムをクリアする選手は少なかった。全国レベルの大会を数十試合見た中で最も速く走ったのは、'06年8月18日に行われたジャイアンツカップのエキシビション、和歌山打田ヤング対藤井寺ボーイズ戦の西川遥輝(現日本ハム)で、記録は4.11秒だった。超俊足と形容してもいい3秒台を見たことは一度もなく、中学生と高校生の間には深くて暗い河があると思っていた。

中学で見つけた野球と短距離の二刀流選手。

 しかし今年のリトルシニア選手権では、その3秒台を記録する選手が4人も現れた。

◇8/2 五十幡亮汰(東京神宮3年)……[1]バント安打3.68秒
◇8/3 岡利博(佐倉3年)…………[1]バント安打3.98秒
◇8/4 加藤駿(佐倉3年)…………[3]バント安打3.74秒
             松尾康平(佐倉3年)…………[1]バント安打3.88秒

 いずれもバント安打で(7年前の西川の4.11秒もバントで記録している)、それではきちんとした脚力とは認められないという人には、五十幡が1回戦で三塁打を放ったときの三塁到達タイムを紹介したい。私のストップウォッチに映し出された三塁到達タイムは11.20秒。これは私が今年見たプロ35試合、アマチュア150試合の中でも9番目に速いタイムである。それを中学3年生が記録した。

 速いのも当然で、五十幡は陸上競技100メートル走の全国大会の常連と言ってもいいスプリンターで、昨年の全国中学校陸上競技の100メートルでは準決勝まで進んでいる。

 大谷翔平(日本ハム)が投手と野手の二刀流なら、五十幡は野球と陸上短距離の二刀流。こういう選手が中学野球から高校野球に続々と押し寄せている、という感覚を久しぶりに味わうことができた。

【次ページ】 大阪桐蔭の森友哉は打撃とともに守備も超一流。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
大阪桐蔭
森友哉
仙台育英
常総学院
浦和学院
日大三
横浜
済美
大坪亮介
小島和哉
高田涼太
山根佑太
上林誠知
内田靖人
太田和輝
高濱祐仁
安楽智大
鈴木天斗
馬場皐輔
飯田晴海
三輪昂平
大場遼太郎
渡辺元智
園部聡
聖光学院
吉田雄人

ページトップ