SCORE CARDBACK NUMBER

錦織圭を戸惑わせた
全仏特有の大ブーイング。
~観戦者の身勝手な「意思表明」~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/06/16 08:00

錦織圭を戸惑わせた全仏特有の大ブーイング。~観戦者の身勝手な「意思表明」~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

チェンジエンドでベンチに戻ってからも主審に抗議するペア(中央奥)と休憩する錦織(左)。

 耳がおかしくなりそうな指笛の響き、何とも不快なブーイングだった。

 ブノワ・ペアとの全仏3回戦で、錦織圭はテニス人生初とも言える大ブーイングを浴びた。正確には主審への異議だったが、観客は地元フランス選手に肩入れし、錦織は完全アウェー状態となった。

 非はペアにある。プレーの合間にコーチの助言を受けたとして主審はペナルティの失点を宣告。これにペアは猛抗議、観客も後押しした。錦織が構えに入っても騒ぎが静まる気配はない。動作を中断した錦織は苦笑いを浮かべた。「ここまで騒がれるのは初めてだった」と錦織。選手が構えれば静粛を保つのが観戦マナーであり、錦織がプレーを妨害される理由はない。しかし全仏の観客は時々この身勝手な「意思表明」をやるのである。

 10年前、これを食らったのはセリーナ・ウィリアムズだ。ジュスティーヌ・エナンとの準決勝は山場を迎えていた。セリーナは相手のショットにアウトのジェスチャー、これが線審の判定を惑わしたとして観客席から激しい非難が起きた。その後はファーストサーブを外すたびに拍手、ミスには大歓声。

 彼女は判定に異を唱えたわけではなく、ルール違反もしていない。隣国ベルギーのエナンを応援する気持ちと、いつもセリーナに勝たれてばかりではつまらないという本音が噴出したような集中砲火だった。敗れたセリーナは試合後の会見で抗議の涙を流した。

異様なムードに一瞬リズムを失っても立ち直った錦織の精神力。

 全仏特有の現象と言っていいだろう。ウィンブルドンの行儀のいい観客なら、主審の「クワイエット・プリーズ」の声でたちまち静寂が戻る。全仏の観客が公正さを理解していないのではない。ただ、何事かあると彼らの感情は簡単に沸点を越える。馬鹿騒ぎでプレーを妨げてもお構いなし。観戦という本来の目的より意思表明への欲求が勝ってしまうのだ。

 錦織はこの第2セットを落とした。強い精神力を持つ選手だが、異様なムードにリズムが損なわれたようだ。ただ、彼はおそらく毎日のようにこうした理不尽さと戦っている。日本人にとって異文化の「ツアー」に身を置くとは、そういうことなのだと思う。考え方の違いとの小さな衝突の連続、それが彼が過ごす日常ではないか。錦織はその扱い方を13歳から学んできた。彼は結局、何事もなかったように4セットで勝利を収めた。

関連コラム

関連キーワード
錦織圭
セリーナ・ウィリアムズ
ジュスティーヌ・エナン
ブノワ・ペア

ページトップ