SCORE CARDBACK NUMBER

上原浩治が節目の5年目に
厳しい道を選んだ理由。
~レッドソックスでの再挑戦~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2013/02/12 06:00

上原浩治が節目の5年目に厳しい道を選んだ理由。~レッドソックスでの再挑戦~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季終盤には14試合連続無失点を記録。チームのワイルドカードプレーオフ進出に貢献した。

 今オフ、レンジャーズからFAとなっていた上原浩治が、名門レッドソックスと契約した。

 昨季は、故障のため一時離脱したものの、37試合に登板し、防御率1.75。リーグ屈指の好成績を残したこともあり、公式戦終了後は10球団ほどの間で争奪戦が繰り広げられた。レッドソックスとの正式契約後、「一番評価してくれたから」と話したが、上原の本音は別のところにあった。

 今年4月で38歳。常識的な考え方であれば、慣れ親しんだ環境を選択しても不思議ではない。

 実際、2009年から2年半所属したオリオールズからは熱心な誘いを受けただけでなく、本拠地ボルティモアには現在も家族が住んでおり、移籍先の有力候補に挙げられていた。'11年途中にトレードで移籍したレンジャーズも、ワシントン監督が自ら国際電話で説得するなど、誠意ある対応で残留を熱望していた。それでも、上原はまったく新しい環境を選択した。

「1つの球団で終わるのもいいですが、いろいろな球団を経験すれば、そのチームのいいところを吸収して、将来的に後輩たちにも伝えられる。狭い枠にとらわれたくなかったし、どんどん挑戦していきたいですから」

日米通算15年目を迎えても変わらない、上原の気骨。

 ア・リーグ東地区といえば、ヤンキースを筆頭にメジャーでも最大の激戦区。今オフは地区4位のブルージェイズが超大型補強を行なうなど、全5球団が優勝を狙える実力を蓄え、さらにレベルは上がった。そんな群雄割拠の、しびれるような緊迫感を、上原は求めていた。

「世界ナンバー1の地区。やりがいはあります」

 新天地ではセットアッパーとして期待されているものの、上原の志はさらに高い。昨季後半、故障から復帰したベイリー、パイレーツで36セーブを挙げた新加入ハンラハンとのクローザー争いにも「それは戦い」と真っ向から挑む姿勢を強調する。今季はメジャー5年目。米国の地を踏んだ際、「最低5年はやる」と心に決めた節目のシーズンでもある。

「自分の中では大事な1年になると感じながらやっていきたいです」

 あえて厳しい環境に身を置くのも、残された野球人生を見据えているからにほかならない。日米通算15年目を迎えても、上原の気骨は変わっていない。

関連コラム

<言わせろ!ナンバー> 結果レポート
► MLB全日程終了。今季、最も評価したい日本人選手は?
関連キーワード
上原浩治
ボストン・レッドソックス

ページトップ