MLB東奔西走BACK NUMBER

名投手シリングの“告発”の行方は?
薬物疑惑をもみ消すMLBの隠蔽体質。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/02/23 08:01

名投手シリングの“告発”の行方は?薬物疑惑をもみ消すMLBの隠蔽体質。<Number Web> photograph by Getty Images

レッドソックスの薬物問題に関して、2008年チーム在籍当時の話を証言したカート・シリング氏。過去、最多勝利2回、最多奪三振2回、ワールドシリーズMVPに輝くなど、メジャー屈指の名投手である。

 何とも暗澹たる気持ちを拭いきれない。

 キャンプ取材開始直前の2月上旬に、知り合いのMLB関係者から“これを読んでみてください”というメッセージとともにESPNの公式サイトのURLが送られてきた。

 そこにはある記事が掲載されていたのだが、読んでいるうちに何とも言えぬ切なさがこみ上げてきてしまった。

 内容はMLBが調査に乗り出したという、2008年のレッドソックスで起こった薬物疑惑に関するものだった。

 MLBはレッドソックスから情報提供を受けた結果、薬物疑惑の“根拠無し”という結論に達し、調査を打ち切ったというものだった。

カート・シリング氏による薬物に関する驚きの証言。

 事の発端はこうだ。1月にマイアミの地元紙が、アレックス・ロドリゲス選手ら多くの選手たちがマイアミの医師から禁止薬物の提供を受け、さらにその医師の元に提供した選手のリストも存在していると報じ、世間をあっと言わせたのは記憶に新しい(なお、ロドリゲス選手らの薬物疑惑はMLBにより、現在調査中)。

 その報道後、ESPNのラジオトーク番組に出演したカート・シリング氏(現在はESPNの野球解説者を務める)が薬物問題について尋ねられ、彼が2008年にレッドソックスに所属していた際に、チーム・スタッフから禁止薬物の使用を勧められたと発言して物議を醸した。

 当時のシリングは右肩痛から復帰を目指していた時期で、キャンプ中にチーム・スタッフ(シリングは実名を明かしていないが、先の記事では昨年限りでチームを解雇されたリハビリ・コーディネーターのマイク・レイノルド氏だとしている)から復帰のために、禁止薬物の使用を促されたのだという。

 しかも、2人の会話は周りに他の選手がいる中で行われ、その会話は明らかに聞こえていたという。もちろんシリングはそれを断わり、その後引退した。

【次ページ】 隠すほどに露見する、MLBの恥ずべき部分。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
カート・シリング
ボストン・レッドソックス
アレックス・ロドリゲス

ページトップ