Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<アスリートが選択するとき> 浅尾美和 「あのときの決心があったから」 

text by

川上康介

川上康介Kosuke Kawakami

PROFILE

photograph byYoichi Nagano

posted2013/01/17 06:01

<アスリートが選択するとき> 浅尾美和 「あのときの決心があったから」<Number Web> photograph by Yoichi Nagano
際立った注目度と「勝てない」という現実。
葛藤と戦い続けた競技生活から退いたその表情は
とても晴れやかだった。ビーチバレーを背負ってきた彼女が
3年前に下した大きな決断と引退までの胸中を率直に語った。

「もしビーチをやってなかったとしたら、今頃は地元の三重で、保育士かケーキ屋になっていたと思います。母の同級生がケーキ屋さんをやっていたので、まずはそこにアルバイトで入って、いずれ社員にしてもらいたいなと思っていたんです」

 そう言って屈託なく笑う表情は、とても晴れ晴れとしている。無理もない。長年背負ってきた“ビーチの妖精”の看板をようやく下ろすことができたのだ。

「引退の気持ちが固まったあと、私みたいな選手が記者会見を開いて発表をすることへの抵抗がありました。最終戦のあと、『来年も頑張って』と言ってくれたファンの方々に申し訳ないという気持ちもありましたし、できればひっそりとやめられないかなと。そんなことをモヤモヤ考えていたら体重が数キロ落ちてしまって。でも会見で自分の気持ちを伝えることができてよかったです。今はスッキリした気持ちですし、ビーチバレーを大好きなまま引退できて、本当によかったと思っています」

「勝った選手よりも負けた私に記者が集まることが辛くて」

 浅尾美和ほど人気・知名度と競技成績のギャップが激しいアスリートはいないだろう。8年間の競技生活で、デビュー時から目標としていたオリンピック出場はおろか、ツアー優勝もゼロ(ツアー以外の大会では2回優勝)。自身で「私みたいな選手」と言いたくなるのも無理はない。

Miwa Asao
1986年2月2日、三重県生まれ。津商業高校ではバレーでインターハイ、国体に出場し、主将も務めた。高校卒業後の'04年、ビーチバレーに転向。'08年全日本ビーチバレー女子選手権で優勝するが、JBVツアーでは準優勝が最高の結果に終わる。昨年12月、現役引退を発表した。

 しかし一方で、浅尾美和がいたからこそ、ビーチバレーがスポーツとして注目を集めたのも事実だ。彼女がテレビや雑誌、CMに登場するようになったことで、ビーチバレーは、スポーツマスコミにも取り上げられるようになり、会場に訪れる観客数も増えた。

「ビーチバレーの認知度をあげるために、テレビや雑誌に出なければならないことは、最初から言われていましたし、抵抗はありませんでした。ただいつの間にか浅尾美和は自分なのに、自分ではない浅尾美和がいるような感覚になって、複雑な気分だったこともあります。試合中自分にばかりカメラが向けられることや、勝った選手よりも負けた私に記者が集まることが辛くて、他の選手に気をつかってばかりいた時期もありました。でも注目してもらえることは幸せなことなんだって自分に言い聞かせながら、『いつか見返してやる』と思い続けていました。それが私のパワーの源だったんです」

 そんな彼女にとって、2012年は、「見返すための」最大のチャンスであり、勝負のシーズンだった。

【次ページ】 9月の敗北で感じたのは、「悔しさ」ではなく「悲しさ」。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
浅尾美和

ページトップ