フットボール“新語録”BACK NUMBER

ウッチーはメンタルが人一倍強い?
乾とテセが語る“気持ち”の扱い方。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/31 10:31

ウッチーはメンタルが人一倍強い? 乾とテセが語る“気持ち”の扱い方。<Number Web> photograph by AFLO

チームメイトと並んで笑顔を見せる内田篤人。クラブのフォトセッションでのひとコマ。他の選手に好かれるのもメンタルが安定しているからだろうか。

「実は淡々とやってる人の方が、メンタルは強いんですよ。
だからウッチーは、めちゃくちゃメンタルが強い」
チョン・テセ (1.FCケルン)

 今季の“欧州組”の注目選手と言えば、やはりマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司や、新たにブンデスリーガにやって来た清武弘嗣(ニュルンベルク)、酒井宏樹(ハノーファー)だろう。それぞれ新しいリーグに挑戦するだけに、未知の驚きが待っているに違いない。

 だが、その一方で、着実にヨーロッパでの経験を積み上げ、虎視眈々とステップアップを狙っている欧州組もいる。

 たとえば今季、ドイツ2部のボーフムからドイツ1部のアイントラハト・フランクフルトに移籍した乾貴士だ。

 昨季、セレッソ大阪からボーフムに加入すると、すぐにレギュラーに定着。チーム事情でボランチ的な起用が多く、守備に追われる時間も長かったが、7得点5アシストと数字を残してフランクフルトから声がかかった。テストマッチでは主力としてプレーしており、キッカー誌は乾が4-2-3-1の左MFのレギュラーになると予想した。

フランクフルトに移籍した乾は「自分に合ったチーム」。

 乾は現在の手応えをこう語る。

「現地メディアで先発と書かれていたとしても、まだ全然わからないですよ。同じポジションには、いい選手がいっぱいいますからね。ただ、トップ下のマイアーは左に流れるのが好きなので、自分が自由に中に入れるというのはある。ボーフムよりもレベルが高いですし、すごくやりやすいですね」

 乾の武器と言えば、やはり密集地帯の“隙間”でボールを受けるプレーだろう。フランクフルトでは、その良さをより生かせると感じている。

「まだそこまでパスのタイミングは合ってないですけど、ボールがどんどん出て来るのは事実。フランクフルトは『ここまでつなぐか!』っていうくらいパスの意識が高い。自分に合ったチームだと思います」

【次ページ】 ケルンに移籍のチョン・テセもスタメン定着は間近。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
内田篤人
チョン・テセ
乾貴士
アイントラハト・フランクフルト
ケルン
ボーフム

ページトップ