Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<なでしこ本音トーク in France> 鮫島彩×宇津木瑠美 「これがふたりの生きる道」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/05/15 06:00

フランスの強豪、モンペリエでプレーする彼女たち。
海外を選んだ理由から、それぞれの結婚観まで、
ふたりだけの“女子会”ですべてを語り尽くす!

 昨年の女子W杯、不動の左サイドバックとして優勝に貢献した鮫島彩。震災の影響で所属していた東京電力マリーゼが活動停止となり、一時はアメリカに渡ったが、大会後、腰を据える新天地として選んだのは、フランス1部リーグのモンペリエHSCだった。

 

 一方の宇津木瑠美は、中学時代から名門、日テレ・ベレーザで大型レフティとして期待を集めた、いわばエリートだ。W杯では短い出場時間に終わったが、23歳にしてすでに代表歴8年目。鮫島より一足早い2010年に日本を飛び出し、モンペリエでプレーしている。

 その日、待ち合わせ場所にあらわれた彼女たちはスーパーのレジ袋を手に提げていた。

「すいません、ちょっと時間があったので買い物しちゃって」

 ほんの少しだけ恥ずかしそうに言う。

 旧市街を歩きながら、モンペリエという街について教えてくれる。美しい所だから時間を作ってでも観光したほうがいい、レストランは注文から時間がかかるけれど大概とってもおいしい、中心部の路地が狭くて運転している車をぶつけちゃった、などなど。宇津木が先導して話し、ひとつ年上の鮫島が突っ込み、説明を入れるナイスコンビネーション。日々の充実ぶりは容易に想像できた。

――約1年、モンペリエで一緒にプレーしているおふたりですが、もともと代表などで仲は良かったんですか?

Aya Sameshima
1987年6月16日、栃木県生まれ。小1でサッカーを始め、常盤木学園高で全国準優勝を経験。卒業後の'06年、東京電力マリーゼに入団。'11年、米ボストン・ブレーカーズへ。同年W杯では全試合スタメン出場し、優勝に貢献。大会後に仏モンペリエに移籍した。163cm、53kg

宇津木   良かったよね。

鮫島   「チーム女子」で(笑)。代表の合宿でも、お料理のこととか、お買い物の話ばっかりしてるんですよ。

――さて、そもそもなぜ海外でプレーすることを選ばれたのかというところからお聞きしたいのですが。

宇津木   私は中学生時代からベレーザという日本のトップレベルでやってきたけど、迷いというか、自分はこれでいいのかなっていう感覚があったんです。もうそろそろ若手じゃないなと思い始めていたころだったし……。

鮫島   ホント? 若手じゃないの、私たち?

宇津木   (笑)。もうかなりベレーザでやっていたからね。ぬるま湯じゃないけれど、恵まれた環境を抜け出してみてもいいかなと思っていて。自分がわかっている範囲じゃなく、知らないところから何かを得ないといけないと。未知の世界に飛び込んで何ができるか、言葉もわからなくて理不尽なこともあるだろうけど、その中で蹴ることだけに本当に夢中になれるか試してみたかったんだよね。

<次ページへ続く>

【次ページ】 ワールドカップの後、もし日本に帰っていたら……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ