SCORE CARDBACK NUMBER

期待の新人・野村祐輔は
「己の武器」を知る男。
~広島・大野豊コーチの評価は?~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/04/19 06:00

期待の新人・野村祐輔は「己の武器」を知る男。~広島・大野豊コーチの評価は?~<Number Web> photograph by KYODO

セの新人として一番乗りで白星を掴み、捕手の倉義和からウイニングボールを受け取る野村。

「今年の広島を甘く見ると、大変ですよ」。

 キャンプ取材で出会った広島OB、達川光男の言葉だ。

 前田健太、篠田純平、バリントン、福井優也、大竹寛という日米ドラフト1位5人衆に、明治大学の野村祐輔が加わった先発陣は完璧だと言うのだ。

 新人を星勘定に入れるほど、プロは甘くないのでは、と思いつつ、大野豊投手コーチに聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「普通の新人じゃない。キャッチボールの時から低めを意識しているんだから」

 野村は、東京六大学史上7人目の通算30勝、300奪三振を達成、昨年のドラフトでは東海大の菅野智之、東洋大の藤岡貴裕とともにビッグ3と呼ばれた逸材。成長のきっかけとなったのは、広島・広陵高3年夏の甲子園決勝だった。初優勝まであと一歩に迫っていた4対1の8回裏、満塁弾を浴び、9回、最後の打者として空振り三振を喫し、佐賀北に敗れた。あの夏以来、“力任せ”を放棄し、“冷静に低めに”を心掛けて、大学の4年間を過ごしたのだという。

「内野ゴロを打たせて併殺にしてクスッと笑おう」

 プロ入り初登板となった4月1日の中日戦では勝ち星は逃したものの6回を投げ、4安打1失点。ストレートとスライダーを低めに集め、内野ゴロの山を築いた。次の登板となった8日のDeNA戦では、8回無失点の好投でプロ初勝利。打者29人に対して、フライはわずかに2つと、この日も低めへの制球が冴えた。

「僕は三振を取るタイプではないから、丁寧に低めに投げて、ゲームを壊さないことが一番です」と、自身の特徴を冷静に語っていたのが印象的だった。

 4月1日、一足早くプロ1勝目を挙げた藤岡に「さすが、おめでとう」とメールした野村。この日はライバルから「無失点はすごい。1年を通して投げてこそ本物」という祝福のメールが届いたという。

「豪快に三振を取ってアハハと笑うより、内野ゴロを打たせて併殺にしてクスッと笑おう」

 大学時代から藤岡とこんな話をしていた野村は、“低めへの制球”を武器に、プロの世界で早くも結果を出した。この新人らしからぬ新人に、大野コーチは「己を知っている。チームにとって有難い奴」と期待を込める。鯉のぼりの季節を迎える前に、若鯉が春風に舞った。

関連コラム

関連キーワード
広島東洋カープ
野村祐輔

ページトップ