Doスポーツの偉いヒト!!BACK NUMBER

<マラソン> 『ランナーズ』の元表紙タレント西谷綾子さんに、音楽を聴きながら走る楽しみを聞いた。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/01/31 06:01

<マラソン> 『ランナーズ』の元表紙タレント西谷綾子さんに、音楽を聴きながら走る楽しみを聞いた。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number
Doスポーツの第一人者に話を聞き、体を動かす楽しさを伝えるこの連載。
新年1回目はあのランニング雑誌の表紙を務めていた女性芸能人を直撃!

 1月、ロケットスタートを切ったぜ! 元旦からハーフマラソン相当の21kmを突っ走ったぜ!

 オレ、確実に走れるようになってきた。以前は「走ること=しんどいこと」だった。しかし今は「しんどくなく走る」テクニックを知った。「上半身・下半身分離走法」はバカにできん。要は、スローに、長く走れるようになってきたのだ。

 するとある点に気づき始めた。走りながら、意外といろんなことができる!

 写真を撮ったり、地図を持たずに出かけて冒険気分を味わったり。イヤホンマイクがあれば、走りながら携帯で簡単な通話もできるし。なかでも今回は「音楽を聴きながらRUN」について、偉い人に思いをぶつけるぜ! なぜなら新年らしく華やかな適任者がいるからだ! タレントの西谷綾子さんはフルマラソン3時間15分57秒の記録を持ち、芸能界トップを窺う実力者。昨年Jリーグ優勝を果たした柏レイソルの番組のMCも務める。縁起良し! なにより音楽を上手く走りに採り入れているというし。

「車や電車で移動しているだけじゃ、見えない風景が見えますよね」

 当日、取材に現れた彼女を見て、卒倒しかけた。文字数に限りがあるから余計なことは言わんが……かわいい。溌剌とした健康美炸裂。オレはK-POPオタクと悟られないよう、慎重に話を進めた。

互いのスマフォを交換し、自らの音楽の嗜好を西谷さんに打ち明けた吉崎氏

――“走るために走って”ます? それとも走ることに別の意味も込めてます?

「両方ですよ。記録を狙ってペースを上げる時期もある。だけど自分の足で進むからこそ見える風景を感じることも楽しい! 公園の草木で季節を感じたり、時に街中の人たちの表情を見たりして。車や電車で移動しているだけじゃ、見えない風景が見えますよね」

――走りに音楽を採り入れる。それはドライブと似た快感。そう思うんです。音楽を聴きながら、風景が移り変わるので。

「私は、ペースをそれほど上げて走らない時に音楽を活用しています! 走りをより楽しむためのツールですね。iPhoneに入れている音楽をランダムに聴くんです。走りながら聴くと、普段よりも歌詞の意味がすっと伝わったりしてね。悩みが解決したりするんですよね」

【次ページ】 走りながら音楽を聴いて、改めて気づいたこと。

Number Doとnikkansports.comが協力して、Do sportsの応援サイトを開設しました!
<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
西谷綾子
RUN特集

ページトップ