濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

沈みゆく格闘技界を救うふたりの女神、
RENAと神村エリカが紡ぐ新たな物語。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/12/05 10:30

沈みゆく格闘技界を救うふたりの女神、RENAと神村エリカが紡ぐ新たな物語。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

11月23日、東京ドームシティホールで開催された初代RISE QUEEN決定戦。距離感が掴めず、思ったように攻撃ができない神村エリカ(写真左)に対し、RENAはステップを使い、上手く踏み込みパンチを浴びせ続けた。試合は判定3-0でRENAの勝利。初代立ち技女王に輝いた

 11月23日に行なわれた20歳と18歳の女子ファイターによる闘いは、2011年を代表する試合の一つとして記憶されることだろう。

『RISE85』東京ドームシティホール大会で行なわれた神村エリカvs.RENAの初代RISE女子王座決定戦。この試合は女子立ち技の最強をめぐる一戦であり、そこにはファンの心を捉えて放さない豊饒なストーリーがあった。

 神村はキック・ムエタイで三冠を獲得、RENAはシュートボクシングの女子トーナメント『Girls S-cup』を連覇。ともに“天才少女”“女子高生ファイター”として早くから注目を浴びてきた二人は、今年4月のシュートボクシング後楽園大会で初遭遇を果たす。ここで神村が、エキシビションマッチながら左フックでダウンを奪取。判定こそなかったが、RENAにとっては敗北同然だった。

 6月、RENAは高橋藍とのシュートボクシング女子王座決定戦にも完敗。人生最大の挫折に、引退すら考えたという。一方の神村はホームリングのRISEで国際戦2連勝。両者への評価には大きく差がついた。神村は8月の『Girls S-cup』ワンマッチで、新たにシュートボクシングの女子エースとなった高橋との対戦が決定する。

スターダムを突き進む神村と挫折続きのRENA。

 だが、ここで物語は急転回を見せた。高橋の負傷欠場により、神村はトーナメント参戦を決意。RENAはワンマッチで再起戦を行なうことになった。

 様々なジャンルの強豪が揃ったこのトーナメントで、神村は女子としては稀有な“倒す闘い”の魅力を存分に発揮した。一回戦、準決勝でKO勝利。決勝でもダウンを奪っての優勝だ。その表彰式に乗り込み、対戦表明したのがRENAだった。この日、彼女はタイのサーサ・ソーアリーをボディブローでKO。復活勝利を挙げていた。

 その場で対戦決定がアナウンスされる。機運は最高潮だった。しかし、物語はここからさらにもつれる。前哨戦となる9月の試合で、RENAがアメリカの総合ファイターに判定負けを喫したのだ。逆に神村は10月にWBCムエタイ部門のタイトルを獲得。“女子最強”の道を突っ走る神村と、挫折を繰り返しながら追いすがるRENAという構図は、さらに鮮明なものとなった。

【次ページ】 リングの明暗を分けた、両者の精神状態。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
RENA
神村エリカ
RISE
Girls S-cup

ページトップ