青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

プロコーチと共に原点回帰へ。
親離れした石川遼が再び覚醒する時。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2011/10/29 08:01

プロコーチと共に原点回帰へ。親離れした石川遼が再び覚醒する時。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

10代最後の大会となった9月のANAオープンでは予選落ちとなった石川。大会後「自分のスイングがしっくりきていなかった」と振り返った

 タイガー・ウッズのスイングはその時々のコーチによって大きくリニューアルされてきた。

 アマチュア時代からのスタイルでマスターズを圧勝すると、そこからブッチ・ハーモンとさらに精度の高いスイングを求めて改造に取り組んだ。ブッチ・ハーモンと袂を分かつと、今度はマーク・オメーラのコーチでもあったハンク・ヘイニーとともに新しいスイングを作り上げた。そして、昨年8月からはハンター・メイハンらを指導するショーン・フォーリーを迎え、年齢的な衰えとケガを抱える体に見合ったスイングを再構築しようとしている。

 コーチの変更はウッズのスイング、キャリアの大きな分岐点であり、節目そのものであった。

 石川遼もこの10月上旬から、プロコーチの佐々木孝則氏を今後のツアーに帯同することを決めた。石川にとって父・勝美さん以外の人物を継続的にコーチとして迎えるのは初めてである。

 では、石川もウッズのように見ただけでそれと分かるようなスイング改造を始めるのかというと、どうやらそうではなさそうだ。なぜなら佐々木氏とともに始めたのは、“変える”のではなく“帰る”ことに主眼を置いた取り組みだからだ。

小学5年生から見ていたからこそ不調の原因を見抜けた。

 日大ゴルフ部出身の佐々木氏は、石川が小学5年生の時からの付き合いがある。当時レッスンをしていたアマチュアゴルファーが石川の父・勝美さんと知り合いだった縁で石川と出会い、それから月に数回一緒にラウンドしながら実戦的な技術などを教えるようになった。

「ちょっと練習を見てもらえないか」と勝美さんから連絡をもらい、佐々木氏が急遽会場に向かったのが10月初めのキヤノンオープン練習日。石川がプロになってからは以前のように頻繁に会う機会もなくなっており、間近でじっくりとスイングを見るのは久しぶりだった。ここで佐々木氏は石川のスイングに以前とは違うひっかかりを感じたという。

「思い切りのなさがまずは目につきました。何よりも気になったのは足の動きでした。早く回転しようとするあまりにひざが立ってしまって、上半身だけに力が入って空回りしている。しっかり下半身の力が伝わってない。全身をうまく使ってクラブを振っていた頃の自然な動きができてないことは分かりました。昔はボールを打とうとか、当てようと考えずに、もっとうまくクルンと回れてましたからね」

【次ページ】 試行錯誤の積み重ねの中で、石川は混乱していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
石川遼

ページトップ